FC2ブログ
 全145ページ

2019.05.19     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   ミズマルトビムシ

IMG_9976_k.jpg

Sminthurus aquaticus
2019.4 東京都


来月は素敵メンバーで東北遠征。シカやイノシシがほとんどいないところなので植物もかなり面白いはず。ほぼ天然林であまり人の手が加わっておらず、リター層や土の状態も良くて土壌動物も楽しみ。

スポンサーサイト

2019.05.17     カテゴリ:  蜘形鋼 Arachnida 

   ババハシリグモ

IMG_2005_r.jpg

IMG_2034_r.jpg

Dolomedes fontus Tanikawa & Miyashita, 2008
2019.5

まだ亜成体のババハシリグモ雌雄。

湿地状になっている少しオープンな草地などで見かけますが、少しずれただけで全然見つからないため、ピンポイントな環境で探さないとなかなか見つかりません。
最後に見たのが10年も前の事で、淡い期待をしつつ網に入っているのを見たときは感動しました(同定に自信がなく一発で分からなかったのが悔しい)。
10年前は6月に成体を結構見てるので、今年は久々にちゃんと探してみようと思います。

会社の哺乳類屋の先輩に教えてもらったDEPAPEPEに最近はまっています。

2019.05.09     カテゴリ:  蜘形鋼 Arachnida 

   スジブトハシリグモと…

IMG_0684_r.jpg

Dolomedes pallitarsis
2019.4 東京都

水面に浮かぶスジブトハシリグモ。足元にはオドリコトビムシがいますが、ブログ記事を書こうとしたときに気付きました。。
これは土壌動物撮影ではよくあることですが、まだまだ修行が足りませんね。

先月の頭までは水辺には全然草が生えていなかったのに、久々に訪れたらかなり成長していて驚きました。


2019.05.09     カテゴリ:  倍脚綱 Diplopoda 

   エリヤスデ属の一種

IMG_1175_r.jpg

Eutrichodesmus sp.
2019.5 神奈川県

非常に美しい純白の小さなヤスデ。頸板や背板には小さな瘤状の突起が並ぶ。


今日仕事帰りに久々にRancidを聞いたので懐かしい曲を。
高校生の時に岩手山を眺めながら学校への行き帰りのサイクリングロードで聴いていました。
真冬の澄みきった空気感で見る青空バックの岩手山は綺麗だったな。
毎日どのアーティストの曲を聴くか楽しく悩んでいた高校時代でした。

2019.04.24     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   ミズマルトビムシ

IMG_0125_r.jpg

IMG_0080_rr.jpg

IMG_0072_r.jpg

Sminthurides aquaticus
2019.4 都内

いつもかよっている場所では12月頃より出現し始めるオドリコトビムシ属の一種。
やはりオドリコトビムシはいつ見ても可愛くてしょうがなくて穏やかな心になります。雌同士でくっつきそうになったり、ペアに雄が邪魔をしたりととても賑やかでした。雌1mm弱、雄0.5mm前後の小さなマルトビムシ。写真は全て別々のペアです。
また、2枚目の写真ではミズマルトビムシの特徴である幅広の跳躍器端節が写りこんでいます。

写真はどれもトリミングはしておらず、たまに使用していた超高倍率マクロセットで初めてオドリコを撮ってみたのですが、にじみやぼんやり感は出てしまうものの、この倍率が出ているならOKかなという画質でした。
フルサイズ換算でいうと約23倍ほどで、普通の実体顕微鏡より高い倍率です。画面の横幅が1.5mmいっぱいに写っています。
この状態で撮影はもちろんのこと、そのまま観察できるのが本当に楽しくて、いつまでも見ていられる光景です。

2019.03.31     カテゴリ:  腹足綱 Gastropoda 

   ベッコウマイマイの求愛行動?

IMG_9625_r.jpg

Bekkochlamys perfragilis
2019.3 沖縄

ベッコウマイマイが軟体の尾部でもう1個体の頭部の前面を左右に妖艶に揺らしながらなぞっていたのですが、これは交尾の前の求愛行動なのでしょうか…?
その後も光を直接当てずにずっと観察を続けていましたが、9分後には行動をやめて離れてしまいました。


それにしても沖縄は3月下旬だというのに夜の気温が13~15℃くらいしかなく両爬は壊滅的でした。
ただ、昨年に続き土壌動物で思いがけずかなり大きな成果を上げることが出来たので、いつかお知らせできる日が来ると良いなと思います。




2019.03.16     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   新しい道具

IMG_8648_r.jpg

とても良いですね。恐ろしく使いづらいですがはまったときはとても良いです。とてもオススメできるものではありませんが…
明日は知人と初めての野外に試しに行ってきます。

そして来週からは沖縄で楽しみです。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
腰痛と痛風持ちの30歳

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

一部担当した本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

Copy right (C) 2009-2019 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム