全141ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.01.22     カテゴリ: カニムシ目 Pseudoscorpionidaコケカニムシ科 Neobisiidae 

   オオコケカニムシ

IMG_5106_r.jpg

Parobisium magnum
2017.12 和歌山

照葉樹林帯に生息する国内最大クラスの種で、この個体で7mm超もあります。
初めて見る人はかなり驚くかと思います。

コケカニムシ科のカギカニムシとは違って枝状に伸びる紡績腺はなく、瘤状になっています。
触肢腿節が長いですが、ブナ帯~亜高山帯にはアナガミコケカニムシというもう少し触肢腿節が細長い種がいます。

70DにKenko36mmチューブとLaowa60mmを付けて撮影。いろいろと噛み合ったときはほんとに気持ちの良いレンズです。
特に単体で使用した際にはかなりえぐい解像度に驚愕します。弱点もいくつかありますが、そこは使い方を工夫すればなんとでもなるのであと1本予備で欲しいくらいです。


スポンサーサイト

2018.01.05     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   明けましておめでとうございます。

IMG_4681_r.jpg

2017.12 和歌山県

昨年は精力的に撮影していた土壌動物について、いろんな方からお声がけいただき今までの撮影が実を結び始めた年となりました。
ただでさえ少ない給料を全て遠征や機材に注ぎ込み、妻にはものすごい苦労を掛けました…
今年も引き続きこの道を突き進んでいきたいと思います。

とりあえず今年は来月行われるトウキョウサンショウウオシンポジウムでスライド発表を行います。
プログラム等はこちら→
第5回シンポプログラム
餌動物として見たときの土壌動物を中心に写真をスライドで発表する予定です。
元々両爬屋だったこともあり、サンショウウオの立場?になって構成を考えています。
お時間のある方はぜひ。

写真は今まで探しててなかなか見つからなかった生き物の巣。
分かる人はすぐに分かるかと思いますが、初めは土の塊なだけだと思っていました。

まったり更新になってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

2017.12.25     カテゴリ: カニムシ目 Pseudoscorpionidaツノカニムシ科 Syarinidae 

   アカツノカニムシ

IMG_0563_rr.jpg


Pararoncus japonicus
2017.12 都内

来年講演を行うことになり、その資料集めで撮影に。
大方は手持ちのストックで行けるのですが、一部今まで全然撮影してなかったグループがあり、しかも突然分かるはずもなく…
ちまちまと勉強を始めています。

写真はその時に撮影したアカツノカニムシ。寒い時期にだけ姿を現します。
自分のフィールドでは成体こそ冬から春前くらいまでが出現時期ですが、幼体を含めると9月くらいから5月くらいまで見かけます。
ただし探す場所はちゃんと選びます。

ライティング、ツヤツヤ系のカニムシなどを撮るとやはりもう少しマイルドな光になるようにしたいと思う。
ただ、ディフューザーを強くしすぎてもまた別な支障が出るのでトータルバランスで選ぶか質感特化で選ぶか悩ましいところ。

2017.12.22     カテゴリ:  軟甲綱 Malacostraca 

   トウキョウコシビロダンゴムシ

IMG_0541_r.jpg

Spherillo obscurus
2017.12

ある方を通してお知り合いになった方に案内して頂き撮影した個体。
(その節は大変お世話になりました)

いつも通っている里地にはコシビロは
セグロコシビロダンゴムシのみが生息しており、こちらはまだ見たことがありませんでした。

Karasawa et al. (2014)でトウキョウコシビロダンゴムシ・セグロコシビロダンゴムシのパーツごとの形質などを詳細に確認でき、トウキョウ・セグロについてはこれを元に同定が行えますが、雄の形質を見なければならないので注意が必要です。このような論文を待ち望んでいた方も多いのではと思います。
Spherillo sp. (シッコク)についても少し触れられています。

最近はあちこち行った際にダンゴムシを探すのがとても楽しみで、その可愛さ、格好良さはもとより落ち葉をガサガサしてオカダンゴムシ以外のダンゴムシの姿が見えた時になんともいえない嬉しさが込み上げてきます。


話が変わりますが、ストロボに取り付けるディフューザーを少し改良してトリミングなしの、被写体とかなり近い状態で撮影するときのテカリをだいぶ抑えられるようになりました。カニムシやササラダニなどはまだまだ対応しきれないのですが、こうして改善されていくとまた一昔前に撮影してきた生き物を全て撮り直したい衝動に駆られて無限ループにはまっている気がします。
買い物をしていてもディフューザーに使えそうな素材があるとつい目移りしてしまうほど。
自分に合ったライティング方法を模索するのは悩ましくもありますがとてもワクワクします。

KX-800は3代目を購入。1代目はフル発光しかできなくなって放置しており、2代目は補助光が点滅or付かない状態に。
沖縄では惜しいシーンを撮り逃してしまって悲しい思いをしたので、年末年始の遠征に備えて購入してしまいました。
今度の遠征は同じく土壌動物を撮影しているいろんな意味での超人と1週間出掛けてきます。

2017.12.09     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   ヤッコソウとアヤトビムシ

IMG_0141_r.jpg

ヤッコソウ Mitrastemon yamamotoi
2017.11 沖縄本島

晩秋に見られる植物で、光合成をせずイタジイなどの根に寄生し栄養を吸い取ることで知られています。
予備知識として蜜を求めて動物が来ることをどこかで読んでいたのでなんとなく探してみると…

IMG_0142_r.jpg

中で動く触角と特徴的な毛が。

IMG_0154_r.jpg

アヤトビムシ科のトビムシが入っていました。どうも体は動かさず頭だけモゾモゾしているので蜜を食べている?ような雰囲気でしたが、真横から観察できず。他にも探してみたら数個体は確認できました。

Laowa 60mm F2.8 Ultra-Macro にチューブを付けて撮影。

2017.11.28     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   沖縄遠征

IMG_0189_rs.jpg

クロイワトカゲモドキ Goniurosaurus kuroiwae kuroiwae
2017.11 沖縄県

無事に帰ってきたものの、蓋を開けてみればかなりつらい成果でした。
ただ、最低限の撮影はできたのでなんとか精神を保っています。

最大の目標であったザトウムシの成体は目前にしてテンパりすぎて取り逃がしてしまい、相当落ち込みました。
現地では多くの方にいろんな場所を案内して頂き、特に洞窟は今まで簡単に入れる場所ばかりでしたので装備など改めて考える機会となりました。そして痩せなければと…
体を無理やり小さな穴に突っ込んで進んでいたら途中でビニテで固定していたはずのヘッドライトが落ちて真っ暗な中降りる羽目になったり、スマホを落としてかなり焦ったり。一眼などは途中で置いていかざるを得ない場所もあり、難しさを痛感。

それにしてもあの神秘的な姿はほんとうに神々しく、見つけたとき数秒は固まってしまいました。眼が退化して無くなっており、脚は異常な長さで体色はかなり薄い黄色。テンパるのも無理はないと言い聞かせながら次回の計画を練っております。

写真はヤンバルの沢に入ろうと準備していたら知人が見つけた完全尾の幼体。こんな生き物が森にいるなんて、何度も見てはいますがいまだに現実感が湧きません。

2017.11.14     カテゴリ: カニムシ目 Pseudoscorpionidaヤドリカニムシ科 Chernetidae 

   オオヤドリカニムシ

IMG_9459_r.jpg
クリックで拡大

Megachernes ryugadensis
2017.11 和歌山県

沢沿い斜面の、掘っても掘っても途方もなく石が重なっているガレ場で見つけた個体。
普段見慣れた関東や東北の個体より形態的に四国の個体に似ている。

本種はネズミの体表面やマルハナバチの巣などからも記録があり、僕自身今までネズミに便乗している個体を仕事柄よく見ています。リター層のシフティングやネズミが出入りしているところでの石起こし、洞窟内の探索でも見つかるようです。

頭胸部の二本のライン状の溝が特徴の一つ。
大型で武骨で腕が太くて艶消しでネズミに便乗する大好きな種です。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。