FC2ブログ
 全143ページ

2018.09.28     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesニホンアゴザトウムシ科 Nipponopsalididae 

   ツムガタアゴザトウムシ再見

IMG_3506_r.jpg

ツムガタアゴザトウムシ♀  Nipponopsalis yezoensis
2018.9 長野県

前回は3年前の9月19日に岩手県で発見した
ツムガタアゴザトウムシの♂
今年は9月16日。せっかくなら同じ日にと思ってしまいました笑

長野岐阜遠征2日目にリンク先の
spaticaさんに長野県を案内していただきました。
(撮影中や休憩中にお聞きしたカメラや写真の話が面白くてしょうがなかった。)

2か所目の場所がまさしくツムガタ環境でもしかしたらとは思っていたけど、岩と岩の隙間に挟まっていた小さめの岩を起こしてみると何やらそれっぽい姿が。引きの姿だとブラシザトウムシに似ているのでよく見てみるとなんとアゴザトウムシ。
前回覚えたはずの識別点をすっかり忘れてしまっていましたが、鋏顎の突起がないことと太いのも特徴。
雄であれば触肢脛節も肥厚します。(上のリンク先の写真参照)
これで雌雄の写真が揃ってとても嬉しいです。テンパってよく分からないことをむにゃむにゃ言っていましたが、
spaticaさんどうもありがとうございました!

次回伺う際はこちらももう少し土壌動物探索スキルをあげておきます汗
スポンサーサイト

2018.09.26     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   ナガレヒキガエル

IMG_4885_r.jpg

Bufo torrenticola
2018.9 岐阜県

大学生の頃、佐藤岳彦さんの撮影した艶やかな写真を見て猛烈に憧れた種。

2018.09.26     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   長野・岐阜遠征

IMG_4096_r.jpg

IMG_4084_r.jpg

沖縄遠征のあとすぐに10連休を取って長野と岐阜にかけてグルグルと周って生き物探しの旅に出かけていました。走行距離2300kmほど。シエンタでの車中泊旅です。

今回初めての3000m級の山に登るということもあってドキドキしていましたが、天気に恵まれたうえ、平日だったので人も少なくとても楽しく登山することが出来ました。

IMG_3803_r.jpg

IMG_3769_r.jpg

この山では近年個体数がかなり回復しているというライチョウ。着いてすぐに見つかりました。
キジの仲間とは思えないほどの警戒心の薄さでした。
肉眼で引きで見ているときはなかなか風景に溶け込んでいました。(写真は普通に分かる写真ですが…)

IMG_3701_r.jpg

登山道を登っているとしょっちゅう見かけたのがホシガラス。ハイマツの実を運んだり、石をひっくり返したりしていましたが、石の下では何を探していたのだろうか。人慣れしているのかもの凄い近くに止まったりするので全体を写しきれませんでした。

石をひっくり返したい衝動を抑えながらの登山でした苦笑

2018.09.10     カテゴリ:  未分類 

   ツインテール

IMG_3301_r.jpg

2018.9

某所にてついに最後の砦を崩せた。
以前開拓したS級ポイントがここで力を発揮するとは思いもしなかった。
一安心して深夜に帰宅し、一人祝杯を上げながらニヤニヤと現像していました。

写真はそれとは別のグループで、こちらも国内ではネット上には写真が上がっていない種。
分かる人はすぐ分かると思うけど、探すコツを掴んだので割と容易に探せるようになった。
ツルグレンには入りづらいと思う。

2018.09.04     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   シロタマゴクチキムシタケ

IMG_2430_r.jpg
※本当は朽木の横から生えていました。見やすさ重視で上向きにしています。

IMG_2451_r.jpg

IMG_2458_r.jpg

Metarhizium sp.
2018.8

どろんこ先輩案内の元、ぺんどらさんが発見した本種。
朽木生でヤスデの卵から発生するという珍しい冬虫夏草。
ただ、少し小さな個体だったようで、朽木から出ている子実体は5mm前後。
それを舐めるようにして探すわけですが僕は発見ならず。
土壌動物の写真を撮影しているものとしてはいつかは自分で見つけたいです。

朽木周辺やこの個体の近くにはフジヤスデがたくさんいましたが、フジヤスデの卵を見たことが無いので種は分からず。
ヤスデ以外の卵にも付くのでしょうかね…

異様な雰囲気でとにかく格好良い。


2018.08.27     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesカマアカザトウムシ科 

   オオアカザトウムシとの再会

IMG_2954_r.jpg

Epedanellus tuberculatus
2018.8

いつもの里山でのフィールドで2年ぶりの再会。
twitterで素晴らしい写真・映像の数々を紹介されているぺんどらさんが発見。
触肢腿節下面に複数の突起が並び、体サイズもニホンアカザトウムシより2回りほど大きく、とても美しいザトウムシです。

前日は大学時代の先輩で冬虫夏草屋の先輩と3人で標高1400mほどの場所での探索でした。
大学時代に戻ったかのようなテンションで話しまくり、とても楽しいフィールド。
次回アップしますがとても貴重な虫草を撮影することが出来ました。

来月は沖縄遠征、長野・岐阜1週間遠征とあちこち行ってきます。
父親から100-400Ⅱを借りたので猛禽の渡りやライチョウも撮りたい。

2018.08.13     カテゴリ:  ダニ目 Acari 

   マダニ

IMG_2122_rrr.jpg


恐らくフタトゲチマダニ Haemaphysalis longicornis
2018.5

仕事柄、河川敷から山間部まであちこち歩きまわっているのですが、獣の気配が濃い場所や藪漕ぎをするとよくマダニと出会います。
その中でも一番よく出会うのがチマダニ属 Haemaphysalis です。
道の無い場所、かつフィールドサインを探して獣の通りそうな場所を歩くため、注意していてもいつの間にかやられいることが多く、最近はチックツイスターを持ち歩くようになりました。
噛まれた際にはこれを横からねじ込んでクルクルっとするだけで取れるため、口器を残さず除去できます(今のところ100%)。
ただし時間が経てば経つほど唾液腺から分泌されたセメント様物質が硬貨してしまうため、なるべく早く除去した方が良いようです(ただし、失敗して口器が残ると病原体が体内に入ってしまうこともあるのでなるべく早く病院で処置してもらった方が良いとのこと)。

噛まれるのは嫌ですが、生き物としてはとても好きな模様、フォルムをしていて、腹部背面の黒いラインがトライバルタトゥーのようで格好良かったりします。マダニ属は姿と質感が最高だし、キララマダニはかなり大型のマダニでいかつくて格好良いです。語彙力が無いのが悲しい。

以前FBで見かけたシロサイについていたマダニが赤と黒でファンキーな見た目をしていて発狂しかけたこともあります。

Tick importance and disease transmission と検索すると少しだけアフリカの格好良いマダニが見られます。

そういえばクマについてたかなりでかいマダニも素晴らしかった…

何が言いたいのか分からない投稿になってしまった。



プロフィール

ジーク

Author:ジーク
腰痛と痛風持ちの30歳

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

一部担当した本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

Copy right (C) 2009-2018 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム