カテゴリー 《 両生綱 Amphibia 》   全4ページ

2017.01.14     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   ホルストガエル

IMG_7393_r.jpg
クリックで拡大

Babina holsti
2016.12 沖縄本島

まだ迫力あるのような姿ではありませんでしたが、この背面の美しさに目を奪われた。
スポンサーサイト

2016.05.29     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   カエル

IMG_8454_r.jpg

前回のGWの山梨から一気に時間が空いてしまいました。
でもニホンアカガエルの幼体がそこら中で動いていたり、雌待ちのモリアオガエル雄を見つけたりと土壌動物以外を探して歩くのは久しぶりで、単焦点レンズだけで歩いていました。
たまにはこういうのも良いなぁ~


IMG_8465_r.jpg


IMG_8362_r.jpg

2016.01.16     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   キタオウシュウサンショウウオ

IMG_1843.jpg


Onychodactylus nipponoborealis
2015.9 岩手県

八幡平にて。

来週末はとある方と両生類探しをすることに。楽しみ。

2015.07.05     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   魅惑の色

IMG_6920_n.jpg

Atelopusは凄く好きなグループで、いつか現地に行って探してみたいと思っています。
まさか生きている個体をこんなに早く見られるとは思ってもみなかった。

大学生の頃は解像度の悪い小さな写真を印刷して部屋の壁に貼って眺めていた。

2015.04.07     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   タゴガエル

IMG_5678.jpg

スプリングエフェメラルや春に活発になっている動物など、花粉症に耐え切れずにプライベートではさっぱりでしたが先日久々にタゴガエルを見ました。獣道の石の上に鎮座していたので思わず撮影。
アカガエルよりかタゴガエルの方が顔がシュッとしていてとても好み。ニホンアカガエルはあご肉が...

2011年の時の写真


イボタガの写真を見てきりきり...笑

2015.01.09     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   スウィンホーハナサキガエル

P9165997.jpg

Odorrana swinhoana
2013.9 台湾

小さい生き物が続いているので久々に蛙を。
あちらの沢に行くと割とどこに行っても本種があちこちで鳴いていて、沖縄や奄美のハナサキガエルとは違って結構ダラダラと長い期間繁殖期が続くようです。


P9165945_n.jpg

暫く両爬からは離れていましたが、相変わらず大好きです。仕事中に見てしまっているので趣味では積極的に探さなくなってしまいましたが、やはりヘビなどいると今でも「お、ヘビだ!」という生き物をやり始めたころからの変わらぬ嬉しさがこみ上げてきます。

と昔を懐かしんでみましたが明日からはまた小さな生き物を探しに行ってきます。


P8185598_n.jpg

木登りマムシもまた時期になったら探しに行きたい。

2014.08.09     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   アズマヒキガエル沢で佇む。



2013.6 山形県

最近のスマホは動画もなかなか綺麗ですね。70Dでもちょこちょこ動画撮ってますがまだあげられるクオリティのものはないのでいつか...

2014.04.09     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   コガタブチサンショウウオ

P4040705.jpg

2014.4 熊本県某所

九州遠征から帰ってきました。

枝沢も何本かあり、環境も良かったこの沢。

正直これは貰った!!と思っていた。


P4040762.jpg

コガタブチサンショウウオ Hynobius yatsui

しかし蓋を開けてみれば、バールを使っていない嫁が陸上の小さな石の下で出したこのコガタブチ一匹が成果となったのでした。
斑紋の美しい個体。

2014.01.12     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   キタオウシュウサンショウウオ

PB238935.jpg

キタオウシュウサンショウウオ Onychodactylus nipponoborealis
2013.12 岩手県

記載文献を入手して読んでみれば、福島辺りがちょっともやもやしてましたが東北北部のハコネは全てキタオウシュウになったのですね。
もう一度撮り直したいなぁ。

O.nipponoborealisO.japonicusときたのであとはO.tsukubaensisの成体を出さねば。幼生は他のハコネと同様に割と簡単に見つかるのだけど成体がなぁ。どこもすぐ伏流水になっちゃってなかなか成体を出しやすい環境が無い。もっと下見をせねば。

2013.12.02     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   キタオウシュウサンショウウオ

PB238946.jpg

Onychodactylus nipponoborealis

2013/11 岩手県宮古市



PB239004.jpg



だいぶコツを掴んできた気がして依頼されていた生き物採集のついでに地元近くの山に赴いて、秋によく見る環境で探してみたところ早速一匹発見(1枚目の個体)。
調子に乗ってもう一個体と探してみると2個体目も発見。(2枚目の個体)

こうしてオフシーズンに探すのもまた楽しい。


PB238961.jpg

ここはなかなか多そうだなぁ。熊も多いけど。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム