カテゴリー 《 ザトウムシ目 Opiliones 》   全6ページ

2017.07.24     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   捕食失敗

IMG_4106_r.jpg
クリックで拡大

Caddo agilis
2017.7 山梨県

捕食失敗どころか足元にきたトビムシにビックリして反転したのち、落ち葉の下に逃げ込んでいったトビムシをまだかまだかと構えている所。
このまま20分くらい姿勢をキープしていた。

基本的に目で遠くの獲物を探してダッシュして捕まえる、ということはここ3年ほど観察してきて一回も確認しておらず、全て足元にきたトビムシに反応して姿勢を前傾にするわけですが、たまにこのように逃げた獲物が出てくるのを待つ?ことがあります。
というより1度捕食のための前傾姿勢になったら暫くそのまま待機すると言った方が正確かもしれません。
そんなところも可愛いマメザトウムシ。
スポンサーサイト

2017.07.22     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   捕食シーン

IMG_3864_r.jpg
クリックで拡大

Caddo agilis
2017.7 山梨県

先週はまだ撮影できていないとあるザトウムシを探しに山梨へ。
ペンドラさんという素晴らしい写真を撮影されている方に案内して頂きました。
どんな生き物にも興味があるそうですが、特に生き物と生き物のと関わりあいの写真が素敵で
高倍率マクロから超広角、無人撮影など精力的に撮影されています。
車内やフィールドなどの道中での会話もとても楽しくてサークル時代を思い出しました。

さて、目的のザトウムシですが、結果的にはすでにいなくなっていたようで、1個体も見つけることが出来ず。
これはこれでそういう情報も得られて嬉しいのですが、来年こそは…

昨日はある生物の状況を撮影するため都内某所へ。ついでにその周辺も散策。思った以上にピンポイントにいるようだ。
これでやっと材料が揃ったので原稿を書いてみるか…
というか間に合うのかな…汗

最近ずっとLaowa60mmのことばかり書いていますが、前回の記事まであまり具体的なことを書かなかったので少し説明を。

・マニュアルレンズ(絞りもピントも手動)
・レンズの構造上クローズアップレンズとの相性×
・手振れ補正なし
・絞るとファインダー像が暗くなる(実絞りのため)
・絞りはクリック感あり
・最大倍率ではレンズが前面に、引くと後退していく(つまりすっぽりとその部分が空いてしまうためゴミなど入りやすい)

普段からマクロのマニュアル撮影に慣れていればなんてことはないですが、そうでないと初めは難しいかもしれません。
僕は最近Laowa60mmとチューブやテレコンを組み合わせて70Dの液晶で撮影しています。
基本チューブとの組み合わせがほとんどで、テレコンはなるべく使用しないようにしています。

この写真は捕食シーンを撮りたいがために、マメザトウムシを液晶に写したまま捕食シーンが撮れるまで延々と数時間待つ、という行為の最中に撮影したものです。なかなか狩りが上手くなくて失敗ばかりのため瞬間を捉えられません…
ピンボケは1枚撮ってるんですが。。(悔しい)

2017.07.02     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesカマアカザトウムシ科 

   ニホンアカザトウムシ

IMG_2367_r.jpg
クリックで拡大

Pseudobiantes japonicus
2017.7 東京都

Laowa60mmと20mmのチューブで撮影。

Venus Opticsはこんな商品があれば、というレンズやストロボを次々と出している中国のメーカー。
レンズはまだ60mmマクロしか持っていないのですが、これが物凄い解像度と描写性能で虜になっている。
今まで撮影した生き物を全部撮り直したいくらい。

フルマニュアルで操作性は良いとは言えないものの、無限遠から2倍までという倍率はとても使い易く、カリッとした解像感と色合いがたまらない。
唯一クローズアップレンズとの相性があまり良くないのが辛いところだが、そこは従来通りの組み合わせで撮影している。
壊れたと時ようにもう1本欲しい…

2017.05.22     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   マメザトウムシ

IMG_8824_r.jpg

Caddo agilis
2017.5 山梨県

体長1mmほどの幼体。
今年は標高を意識して探してみようと思う。

この土日に行われていた
土壌動物学会の第40回大会。
知人とともに発表したポスターは嬉しいことにポスター賞を頂けた。
お会いしたかった先生方や、新しく知り合うことのできた方々などと話すことができ、とても充実した2日間だった。
今後も精力的に撮影に出かけたいが、いつにもまして今年は忙しく、まとまった時間が取れそうにない。
が、効率的には撮影しないであくまでじっくり観察しつつ向き合いたいと思う。

2017.04.04     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   マメザトウムシが出てくるまでもう少し

IMG_5139_rr.jpg

クリックすると拡大されます。

Caddo agilis
2015.6 山梨県

梅雨になり、大きくなったマメザトウムシがどんな獲物を捕食しているのか知りたくなった。
林床から樹表面へと活動の場を移し、そこからあまり他の木へは移動しないため(この時期での個人的経験)、
観察のしやすいブナの大木の近くに腰を下ろして、早朝から晩までひたすら1個体だけを追い続けてみた。
その時のマメザトウムシがこの写真の個体。

自らあちこち歩き回って探すのではなく(大きなスケールで言えば移動しているが)、足元近くに来た獲物を捕らえるのだが、
その時の姿勢の変化や目つきの変わり方がとても凛々しくて、可愛い見た目とは真逆の印象を抱いた。
また、獲物を捕らえる時の俊敏さも他のザトウムシとは一線を画しており、改めてマメザトウムシの魅力に憑りつかれた。
自分の中でのマメザトウムシは他のどの生き物よりも格別な思いがあり、死ぬまで毎年必ず観察に行くと決めている。

初めて見たのが2013年5月尾瀬の近くで、あれから4年が経とうとしている。
今年こそはその決定的なシーンを写真に収めたい。


お知らせ
一部を担当した本がもうすぐ発売となります(ほんとにごく一部ですが…)。
許可が下りましたらこちらでも紹介したいと思います。
写真家として初めての仕事、汗



IMG_5144_r.jpg

2017.01.06     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesアカザトウムシ科 Phalangodidae 

   コアカザトウムシ

IMG_7993_r.jpg

Proscotolemon sauteri
2016.12 久米島


体長1mmほどのとても小さなザトウムシ。久米島にもいるとは思っていなかった。

2016.11.24     カテゴリ: ザトウムシ目 OpilionesTaracidae 

   ケアシザトウムシ

IMG_6606_r.jpg
画像をクリックすると多少拡大されます

Crosbycus dasycnemus
2016.11 東京都


体長1.2mmほど。今まで見つけてきた個体に比べると多少動きが速い個体でした。
それにしても今年1月に発見して以降10個体ほど見つけましたが、昨年だって一昨年だって探してたのに、なぜ見つからなかったのか。土壌動物はほんとに目が慣れるといろいろ見つかるようになって面白いです。
撮影しているうちに何か食べないかと撮影しないでずっとファインダー越しに観察したりしているのですが、そうそうそんなシーンが見られる訳でもなく。
一筋縄ではいかないザトウムシ。









2016.11.05     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesカマアカザトウムシ科 

   オオアカザトウムシ

IMG_6426_r.jpg

Epedanellus tuberculatus
2016.11 東京都

やっと関東で採集することができました。
たぶん今まで見過ごしもあったのではと思いますが、実際に見てみると結構大きくて驚きます。
腹部の模様もニホンアカとは違っていて棘を見る前にそれと気づけそうです。

触肢腿節下面の棘はニホンと違ってはっきりとわかるものが並んでいます。

2016.09.05     カテゴリ:  ザトウムシ目 Opiliones 

   ウデブトザトウムシとマザトウムシ

IMG_5154_r.jpg

ウデブトザトウムシ Homolophus arcticus (左2個体)

今現在の詳しい記録が不明ですが、北海道北部や国後島などで記録があるようです(TSURUSAKI, 1987)
和名の通り、脚が太く体長も1cm弱ある大型のザトウムシ。昼間の探索でしたので漂着物の下などで確認。
武骨でとても格好良いザトウムシです。

マザトウムシ♀ Phalangium opilio (右の個体)

かなりの広域分布で有名なマザトウムシですが、国内では北海道で確認されているようです(他県で確認されているのかは要確認)。
この種は雄の顎が特に特徴的ですが、諸事情により雌の写真。



IMG_4208_n.jpg

ちなみに今回の遠征はずっと雨と風が強く、特に風が厄介だった。目的のカニムシは見つけたものの風で飛ばされてしまい撮影した写真を見返すとたった2枚しかピントのあった写真しかなかった。そのあと血眼になって探したのですが見つからず…
そして集中力をかき乱してきたのがウデブトザトウムシと共に写っているこの蚊。
実際には何種かいたのかもしれない。
とにかくでかいし数が凄い。全身をカッパでガードし、フードも被り、ディート12%入りの虫よけを塗ったくってもくるわくるわ…
常時100個体以上(ほんとにその位いた)に付きまとわれ、ザトウムシやカニムシを撮影しようと地面に顔を近づけようものなら目に入るわ鼻に入るわあちこち超刺してくるわでこれほどしんどいと思ったのは初めてだった。ちょっと手をおけばすぐに数十個体が手を刺してくる。
ただ、体質のおかげか痒さは全くなく、ただただうっとうしいだけだった。
もしかしたら良い湿地や干潟などに多いのかもしれませんが、それなりの対策をしないと本当に痛い目をみそうです(観光で行くようなところにはほとんどいなかったのでご安心を。少なくとも今回訪れたところでは、の話)。

2016.07.23     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesニホンアゴザトウムシ科 Nipponopsalididae 

   サスマタアゴザトウムシ幼体

IMG_0994_rn.jpg

Nipponopsalis abei ♂ 幼体
2016.7 徳島県


P7134738_20160723211446328.jpg

♀ 幼体
2013.7 山梨県


IMG_1267_r.jpg

♀ 幼体(もう少し成長)
2016.7 徳島県

雌は成体になるまで鋏角がだいぶ短いようですが、今回の徳島遠征で雄に関しては幼体時から鋏角が長いことが分かりました。
ちょっとすっきり。

にしても、西日本では割と見かけるという話は聞いていたものの、ここまでとは思いませんでした。
関東近辺では散散探してきて山梨と静岡での2個体のみ。


また、今回は昆虫を捕食しているシーンも見ることが出来ました。
ヨーロッパでの文献から推測したものとは違う光景…


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム