カテゴリー 《 トゲアカザトウムシ科 Podoctidae 》   全1ページ
このページのリスト
2016.02.28  
  アキヤマアカザトウムシ

2016.02.28     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesトゲアカザトウムシ科 Podoctidae 

   アキヤマアカザトウムシ

IMG_8223_r.jpg
SS1/320, F6.3, ISO100

Idzubius akiyamae
2016.2 茨城県

2年ぶりに訪れたアキヤマアカザトウムシが多産する山。
ここ数年登山客が激増して、とてもやりづらくなっていましたが、身近なアキヤマのいるフィールドとして貴重なところです。
図鑑には関東地方以南の太平洋側の地域から南西諸島にかけて分布とあり、茨城県は一番東側の分布地と思われます。

散発的に分布するという記述通り、場所によっていたりいなかったり、ここ3年ほど探してきましたが、確かにいくら探しても見つからない場所というのがあります。
いつも通っている西東京の里地ではかれこれ9年も通っているのに(最初の頃は両爬ばかりで全然探していなかったけど)、一度も見つけたことがありませんが、そこより少し南の方では見つかったり。

また不思議なのは生態で、カンタリジンに強く誘引されるようです。→
カンタリジン世界(首都大動物生態学研究室HPより)

挙動も他のザトウムシとは異なり、動きが緩慢で寒いときには全然動きません。
たとえばひっくり返して鋏角の鋏を撮ろうと思って撮影してても、10分くらいそのまま、とか。(鋏角先端の鋏の写真は下に掲載)

ただ、一つの傾向としては暖かい日や、日向にいる場合(これは石下などで見つけた個体を日向に置いたとき)にはある程度動くようになります。動いている時の様子を動画で撮影してみました。HD画質推奨です。



IMG_8310_r.jpg

IMG_8290_r.jpg

クモやザトウムシが苦手で触ることもできなかった大学1年の時であれば気持ち悪いと感じたと思いますが、今では真逆となっています。人の好き嫌いのスイッチはどこで切り替わってるのか不思議なものですね…
スポンサーサイト


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム