カテゴリー 《 鳥綱 Aves 》   全3ページ

2016.09.15     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   タンチョウ

IMG_4431_r.jpg

IMG_4640_r.jpg

IMG_4826_r.jpg

2016.8 北海道

タンチョウの事を何も調べずに海岸近くを車で走っていたら、いきなり視界に入ってきた巨大で白くて頭が赤い鳥。
これがタンチョウか…なんて小学生のような感想を胸に抱きました。
スポンサーサイト

2015.06.05     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   ツバメの給餌

IMG_4811_n.jpg

2015.5

IMG_4510_n.jpg

餌を採りに行く親。

2015.06.03     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   ウミネコ雛

IMG_0661_201506032054331f2.jpg

2014.6

雛の眼の虹彩が真黒だったり、灰青色だったりするのはなぜなのだろうか。

IMG_0610.jpg

2015.05.31     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   ツバメ

IMG_3968_m.jpg


Hirundo rustica
2015.5


2015.05.30     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   ツミ

IMG_4142_n.jpg

Accipiter gularis
2015.5

晴れてたとはいえ、現場帰りで夕方薄暗くなってきてからの撮影だったのでとても暗かった。
400mmテレ端でSS 1/100の手持ちでなんとかぶれずに撮れた1枚。

場所は違いますがツミ♀の動画も以前撮りました。
100-400mmのテレ端で10倍ズームを使っています。


初めてまともに近くで見れて、ちゃんと光彩の色が分かって嬉しい。雄は思ってたよりもずいぶん赤い印象だった。

2015.04.17     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   サシバ

IMG_6826_n.jpg

2015.4 千葉県

なかなか趣味でフィールドに行けない中、仕事が終わって宿へ戻る途中で出会ったサシバ。
こういう時望遠レンズを持っていると便利だなぁ。

最後に完全に趣味でフィールド行ったのは1月が最後か...

2015.03.27     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   続、お尻

IMG_5236_n.jpg

チョウゲンボウ Falco tinnunculus
2015.3 千葉県

仕事が終わり、コンビニに向かうと電柱近くにチョウゲンボウ。
相変わらずスキあらば鳥のお尻を撮影しているのですが、成果はまだない。


IMG_5179_n.jpg

電線にムクドリがとまり、気にするかと思ったら全く見ず。

IMG_5180_n.jpg

でも飛んだらガン見していた。

IMG_5165_n.jpg

2015.03.20     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   イワツバメのホテル

IMG_0986.jpg

2014.6 青森県

勝手にマメザトウムシの森と呼んでいる、青森のブナ林に行く際に泊まっているホテルにて。
朝起きてカーテンを開けると、目の前で餌を巣に運ぶ様子が見られます。

ピリッとした鳴き声で心地よく?起きられるのでお気に入りです。


P6152252.jpg

猫帽子。




そういえば本日"博ふぇす"こと博物ふぇすてぃばるに当選したとのメールがきました。
去年は客として行きましたが、今回は出店側。
日本産小型哺乳類の頭骨標本を密かに撮影していたのでそれを並べた表と、裏には細かい識別点を載せてクリアファイルにします。
販売するもののほかには哺乳類の食痕や糞など展示する予定。

12×50の双眼鏡のために宣伝頑張らねば。

こんな感じ。

日本産小型哺乳類頭骨表紙_仮完成-01

2015.03.15     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   ハシボソガラス

IMG_4145_n.jpg

チュウヒを観察している間、カラスのご機嫌を伺いながら近づいてみた。
チュウヒに追いかけられたり追いかけたり、何かの死骸の肉片をトビと奪い合ったり。

IMG_4446_n.jpg


IMG_4137_n.jpg

IMG_4156_n.jpg

IMG_4237_n.jpg

IMG_4129_n.jpg

幼鳥?小さくて羽がボサボサで、グルルルっとくぐもったような変わった鳴き声で鳴いていた。

2015.03.12     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   ゆったり

IMG_3395_n.jpg

ミサゴ Pandion haliaetus

仕事の次の日、眠たい目をこすりながら宿の近くのフィールドへ。

現地に付くと鳥屋さんは誰もおらず、ゆったりと鳥を見ることができた。
早速双眼鏡で辺りを見回すと、朝日を浴びながらホバリングして獲物を探すミサゴ。


IMG_3545_n.jpg

目の前を通過していくコハクチョウ。この辺りのハクチョウは最近まで餌付けされていたそう。
他にもミヤマガラスを探したり車に戻ってタバコ吸ったり。たまには石や落ち葉をひっくり返さないフィールドも楽しい。

まあ昼にイソカニムシとイソコモリグモを探しに海岸に遊びに行って結局石起こしはしたのですが...笑

IMG_3874_n.jpg

そしてお目当てのチュウヒ Circus spilonotus

今まで顔がちょっと平面的であまり好きな印象ではなかったのですが、実物をじっくり見て随分と印象が変わった。
ヨシ原や耕作地の上低空を、羽ばたきを交えながらV字飛翔やホバリングをして眼光鋭く獲物を探す姿と、その横から見た端正な顔つきが凄く格好良い。


IMG_4092_n.jpg

腰が白かった。

IMG_4356_n.jpg


ツグミをちょっとだけ追いかけてました。

IMG_4389_n.jpg


一枚目の写真とは別個体で上の写真と同一。
チュウヒの識別は全然やったことがないのでまだまださっぱりです。
時間をかけてじっくりみたいです。
4個体ほどそこにいるようでした。

IMG_4061_n

オジロワシ Haliaeetus albicilla の通過個体も見られました。

実はケアシノスリもいたのですが、写真を撮って宿に戻ってから気づくという体たらく。かなり遠かったのでスコープがあれば違っただろうなぁ...

終始カメラを持った鳥屋さんに会わない平和な日でした。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム