全2ページ

2010.08.29     カテゴリ:  未分類 

   ササグモ

P1015929_filtered.jpg


P1015935.jpg


P1015930.jpg 


2010/6 東京都世田谷区 Olympus E-500

ササグモ科ササグモ属ササグモ Oxyopes sertatus
スポンサーサイト

2010.08.28     カテゴリ:  未分類 

   篝火子守蜘蛛

_1014323 - コピー


_1014327.jpg 


コモリグモ科ミズコモリグモ属カガリビコモリグモ Arctosa depectinata

2010/8 岩手県 Olympus E-500

同属でもかの大雪山の高山地帯でしか生息が確認されていないアシマダラコモリグモとは打って変わり、かなり小型の本種。前者が16mm程まで成長するのに対し成体で6~7㎜で雄は更に小さく4~5mm程。

この個体は雄なのであまり色合いがよろしくないですが、雌の腹部は篝火様の模様が刻印された美しいものとなっています。

さて本種は比較的日の当った裸地や畑などの荒れ地気味な環境を好んで生息しており窪地等に管状住居を作るのですが以前それとは知らずに壊してしまって撮影の機会を逃してしまった痛い思い出があります。
かなり上手いことカモフラージュしてあるのでちゃんと探さないと見つけにくいです。
池田先生の生理生態辞典に依ると分散直後の幼体でもこの住居を作るそうですが...どんだけ小さいんだろうか苦笑

今度は雌成体の写真をアップしたいとこですがそれは来年になりそうです。。。

2010.08.22     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   ウコンエダシャク♂

lokoloo.jpg


lokolo.jpg 


シャクガ科エダシャク亜科ウコンエダシャク Corymica pryeri

2010/8 東京都八王子市 Olympus E-500

二枚目で拡大撮影してますがこの前翅基部の透明窓で音を出すらしい。


どんな音が出るのか分からないが聞いてもそんなに驚くような音じゃないんだろうなぁ笑

2010.08.22     カテゴリ:  蛭綱 Hirudinoidea 

   ヤツワクガビル

_1013947.jpg


_1013965.jpg


_1013969.jpg


_1013970.jpg


_1013983.jpg 


イシビル科クガビル属ヤツワクガビル Orobdella octonaria

2010/8 東京都八王子市 Olympus E-500

無駄に爽やかに撮ってしまったのは確信犯的な行為ですので悪しからず笑

所謂よく不快生物として知られる血吸いビルの仲間とは違ってミミズを主な餌として山地の湿度の高い場所に生息しているクガビル。
ミミズの這った後をクネクネと頭を横に振りながら辿っていく様は格好いいことこの上ない。
そしてこの食いっぷり。

よく発達した咽頭をもっているため、巨大なミミズでも結構なスピードで飲み込んでゆきます。

また雌雄同体なので二匹いれば繁殖させることも可能です。ただ飼育は意外と難しいみたいですが。








_1013990.jpg 

プハァ。



キバビル見てぇ。

2010.08.19     カテゴリ:  未分類 

   トゲグモ

_1013806.jpg


_1013908.jpg


_1013882.jpg


_1013910.jpg 



コガネグモ科トゲグモ科トゲグモ Gasteracantha kuhlii

2010/8 山梨県 Olympus E-500

トゲグモは初めて見たのは一昨年の夏、秩父の演習林でですがその時は特に蜘蛛に興味がなくそこまで探していなかったのですがそれでも5~6個体は見かけました。
本種は里山環境から山地まで幅広く生息しているのですがどうも局地的に多産する傾向があり、現にこの前バイトでソーティングされたのを見てみると相当採れているのです。
ビーティングとルッキングでは差が出るのは当たり前ですが、環境が良さ気でも出ない時はビーティングでも出ないのでほんとにいるとこにはいる状態なのでしょう。

今まで見てきた環境で言えば風通しが良く、ある程度広い空間を利用できる環境で、平地にはあまりいない(これに関しては僕の経験なので平地でもいるとこにはいるのかもしれません)ということです。
なのでオオシロカネが優先的にいたりその他もろもろの蜘蛛が入り込めるような環境ではあまり見かけません。
現に本種を見ている時は途中からシロカネの類やジョロウ等広く空間を利用し高さも比較的高いとこにも張る種類の数が割合的に減っている印象を受けます。

今年はようやく一個体見ましたが(そもそもシーズンに入ってから全然探しに行けてないのですが...)♂を早いとこ確認して標本にしたいです。腹部の模様は雌とそんなに変わらないとのことですが、♀で三対ある棘が無く一対の突起があるのみらしいんで。絶対可愛い。

そんなちょっと見辛い本種ですが、腹部が通常蜘蛛では見受けられないキチン質で覆われているため固く、また上述したように三対の棘があり白と黒のメリハリの効いたなかなかファンキーなやつなのです。
海外のと比べられるとどうしようもないですが日本らしくて控え目なのが宜しいですな。

探す時のコツとしては、枠糸に
糸屑状の部分があり、国内に限っては本種のみとなります。(枠糸に限っては)
ただチブサトゲでもそれを見たことがあるので本州~九州でと付けくわえておきます。

2010.08.18     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   20000Hit

_1013857.jpg 


20000Hit祝いに相方から頂きました。お気づきの方もいらっしゃるでしょうが以前僕が載せたマムシを元に描いてくれました。 前貰ったのはこちら

一応ヘビは処女作なので鱗などは細かいとこは見逃して下さいとのことです笑 (マクロで撮ったので鱗合わせるのが大変だったみたいです)

素敵な細密画を二つも頂いてしまいした…
こんな相方と出会ってしまった僕は幸せ者です。←のろけ。



P.S あ、アダシノさん早く写真を送ってください笑
描けませんとのことですw

2010.08.14     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   その麗しきは誰が為

_1013666.jpg


_1013668.jpg 


ヤママユガ科ヤママユ Antheraea yamamai yamamai

2010/8 東京都八王子市 Olympus E-500

2010.08.13     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   カメノコハムシの幼虫

P1015369.jpg 

2010/6 東京都青梅市 Olympus E-500


果たしてどの種の幼虫なのかは決めかねているのですが、ぱっと見イチモンジに近そうだと知り合いの虫屋さんに教えて頂いた。
ドレッドヘアーの様な触手のような謎の黒い部分は脱皮殻や糞なのだそうだ。
何にカモフラージュしてるのかは分からないが人間的には凄く魅力的だなと思う。

ドレッド、と言えばイボタガの幼虫も好きなのだがまだ見たことがない。


っていうかなんかあれだな。千手観音とか阿修羅像みたいだ。

2010.08.12     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   ノミバッタ

_1012160.jpg


_1012155.jpg 


ノミバッタ科ノミバッタ Xya japonica

2010/7 東京都青梅市 Olympus E-500

5~6mm程の小さなバッタですが、腿節から脛節に至るまでの構造がなんとなく機械的で格好良い。 若干下向きの形をしている頭部やその体色、眼などから僕は幼小の頃夢中になっていたブラックRXを彷彿とさせてくれるのも素敵です。

二枚目の右の方にちょろっと写ってますが、ドーム状の巣を作って何匹かの集団で生活しているようです。
また撮影しているといきなり視界から消えたりして厄介なんですが、二枚目の様に地面に潜るのも上手くなかなか撮りずらいです。


ちなみに昨日はちょうど此方にいらっしゃっていたリンク先のacraeoidesさんとお会いしました。(同じ大学のサークルの先輩なのですが、何気にお会いするのは初めてだったり。)
いろいろと積もる話はあったのですがどうにも緊張してしまう性格なのであまり思うようには喋れず...
が、やはり生き物の話になってくるとそこはacraeoidesさんの世界なのでいろんな話を聞かせてくれました。
またこれからについても某研究所の前で夜風に当たりながら話してくれたりして僕的に凄くためになりました。
もっと精進していきやす!
お付き合いいただきありがとうございました。

P.S acraeoidesさんにもっとおたくな感じなのかと...と言われてしまったのですが僕のブログを見に来て下さっている方は比較的そういう印象を抱いているのだろうか。実際はぱっと見チャラチャラしてる感じなのです笑
ちーちゃんが好きでもチャラチャラしているのです。ちーちゃんが好きでも...

2010.08.10     カテゴリ:  未分類 

   Ghastly Face

_1013393.jpg 

コガネグモ科トリノフンダマシ属オオトリノフンダマシ Cyrtarachne inaequalis

2010/8 東京都あきる野市 Olympus E-500

15日に開かれる科博の小野さんの講演を聞きに行ってきます。楽しみ。
お会いするのは初めてなのでかなり緊張...


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム