全3ページ

2010.09.30     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   アゲハモドキの幼虫

_1016912.jpg

_1016914.jpg 

アゲハモドキ科アゲハモドキ Epicopeia hainesii

2010/9 東京都八王子市 Olympus E-500


何かに擬態しているのだろうが...なんだろ。
カビが生えてしまってもう食べられなくなったイモムシとか?

少なくとも自分が鳥などの捕食者であれば食べようとは思わない笑
スポンサーサイト

2010.09.29     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   ひめあまがえるの気持ち悪いおたま。

_1014957 - コピー


_1014961 - コピー 


ヒメアマガエル科ヒメアマガエル属ヒメアマガエル(おたまじゃくし) Microhyla okinavensis

2010/9 鹿児島県奄美大島 Olympus E-500


最近風邪を引いてしまい風邪自体はかかったその日に治ってしまったのだが鼻水がぶり返してきてなんかやな感じ。ケチくさくうちにはティッシュとかいう高級品はなく、トイレットペーパー(シングル)なる崩れやすい紙を使用しているのだが鼻をかむ度にその強風に負けて吹き飛ばされてしまった小さな破片たちが服に付くので始末が悪い。ちなみにダブルだともっと酷い。
そういう時に街頭で配られているポケットティッシュなぞ使用してしまうと今世界が始まったのではないかと言うくらいの心地よい鼻の下触りな感触が身を包んでくれ、もう現実世界には戻れないような錯覚にまで陥る。あれは良くない。一種の麻薬のようだ。一度超高級ティッシュを使用した時もそうだった。もう二度と手は付けまいと思うのにどうしても‘あの’感触が忘れられずそのなれの果てから差しのべられた繊維群に身を委ねてしまう。

あーティッシュが欲しい。

2010.09.28     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   アマミマルバネフタオ

_1015828.jpg 

ツバメガ科フタオガ亜科アマミマルバネフタオ Phazaca kosemponicola

2010/9 鹿児島県奄美大島 Olympus E-500

alikangensisの可能性もあるかなと思うのですが総合的に見て本種としました。
が、自信はありません...

2010.09.28     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   ぴーす

P1016161.jpg

2010.09.27     カテゴリ:  未分類 

   ケアシハエトリ

_1015835.jpg

_1015837 - コピー_filtered



_1016171.jpg

_1016175.jpg 


ハエトリグモ科ケアシハエトリグモ属ケアシハエトリ Portia fimbriata
(上二枚は♀、下二枚は♂)
2010/9 鹿児島県奄美大島 Olympus E-500


結局捕食シーンを見れず、更には標本にしようとして取り逃がすという失態をおかしてしまった私。涙

本種は造網性のクモを専門的に襲うクモで実に巧妙なハンティングを行います。
今回こそフラッシュで驚かせてしまったのか途中で止めてしまいましたが、円網を作る種やスズミグモのようなドーム状の巣、はたまたタナグモ科の作るような巣にまで侵入し(Duane P. Harland & Robert R. Jackson et al 2000によると造網性であってサイズがケアシハエトリの10分の1から2倍までなら全てが獲物となりうるとのこと。でもオオジョロウやスズミまで襲うのだから成体であればサイズはあまり関係ないのかも...笑 孵化して間もない幼体も襲うし。)、獲物がかかった時の振動を与えることにより本体をおびき出しその本体のサイドに回って襲うというなんともえげつない狩りをします。
論文を読み漁ってみるとどうやら、巣のタイプ(つまりは主にかかる獲物のタイプ)によって振動の与え方を思考錯誤しながら変えるようで、脚や触肢だけでなく腹部の上下の運動でも振動を加えるようです(ただ侵入し始めの時だけは決まったパターンの振動を用いてその後に調整していくのだそう)。

だから例えば明らかに襲おうとしているやつが自分より小さければ、微小な昆虫等がかかったかのように振動を加えます。
ただ逆に自分より大きい相手だからと言って大袈裟なまでの振動を与えてしまうと本体が急いでこちらにきてしまい襲われかねないので、あえて慎重に本体がこちらにゆっくりと来てくれるように調整しながら振動を与えるというなんとも蜘蛛がやっているとは思えないような頭脳的なハンティングをするというのだから驚愕ですね。
またフィリピンのScytodes属の一種(ヤマシログモの仲間)でハエトリグモをよく襲う種に対しては後ろから襲うというのだから恐れ入ります。
日本にもヤマシログモの仲間は琉球列島にいますから本種がそういった狩りを行っている可能性は十分にありますな...

まだ論文を読み切れていないのでここまでしか書けませんが次は是非狩りのシーンを撮影したいと思います。。

あとは正面顔をもう一回ちゃんと撮りたいです。髭の生えたおっさんみたいで可愛いので。

2010.09.26     カテゴリ:  未分類 

   アマミオニグモ

_1015939.jpg 

コガネグモ科ヒメオニグモ属アマミオニグモ Neoscona amamiensis

2010/9 鹿児島県奄美大島 Olympus E-500

日本のクモには載っていないのであまり見慣れない方もいるかもしれませんが、本種は奄美大島固有種で鹿児島県のRDBで準絶滅危惧種のようです。
いるとこには結構いるんですが...

ある程度開けた荒れ地に近い感じの環境でイネ科植物がパラパラ生えているようなところで、夕暮れ時に低い位置で巣を張っているところをよく見かけます。なかなか綺麗な種で近似種がいないのにもかかわらず記載が1998年と意外と新しいのに驚きます。

2010.09.25     カテゴリ:  未分類 

   ぱっくり

_1016736.jpg




_1016738.jpg


カネコトタテグモ科カネコトタテグモ属カネコトタテグモ

詳細は前回の記事を参照してくださると幸いです。

2010.09.24     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   アシマダラナガハナアブ

_1015759.jpg


_1015762.jpg 


ハラナガハナアブ属アシマダラナガハナアブ Xylota annulipes

2010/9 鹿児島県奄美大島 Olympus E-500


分布と形態、模様から恐らく本種で合っているとは思うのだが自信はない。
もし間違っていましたらご指摘願います。

さて、奄美で有名な山を登っていたら見かけた本種ですが、まず情報が無い笑
写真もほとんど無いし。唯一此方のサイト(農業環境技術研究所)にタイプ標本の写真があったので見てみるとそれっぽい。
文献もほとんどヒットしないし。う~ん。

現時点で言えることは美しく格好良いということだ!というかハナアブはみんな可愛い!うん!

2010.09.24     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   カメムシタケ

_1016940.jpg

_1016943.jpg 

カメムシタケ Ophiocordyceps nutans

2010/9 東京都八王子市 Olympus E-500


師匠より蜘蛛関連の仕事を頂いて高尾に行った際見つけたカメムシタケ。
ヤマジグモの巣で観察しやすいのないかなぁと斜面に目をやっていたら目の前にオレンジ色の提灯みたいなのが見えたのであれ、これってカメムシタケだっけ...?
となったので掘ってみると(正確には杉の葉をどけただけ)クサギカメムシ。
ここら辺は冬虫夏草で有名らしく探さずとも目についた。他にもハナサナギタケが見つかった。
両爬だけを探していた時は小さい生き物は目につかなかったのだが蜘蛛を探すようになってからはいろんなものが目に入るようになりフィールドに大きな幅をもたらすこととなった。
ヘビなんかも蛇を探すことに集中していないせいか殺気(?笑)が出ないお陰で逃げられることがなくなり出会いやすくなった気がする。

いわゆる蜘蛛目のいうやつで視界を広く保ちその中に何か気になるものが写ったらそちらに目をやるという方法。
蜘蛛をルッキングで探すときはこれが非常に重要で特に小さいのが多いのでこれができていないと結構見落としがちになってしまう。
もちろん狙わないと見つからないのもありますが。
この目ができると都会などでもちょっとしたとこに目がいくようになり意外なものに出くわしたりする。(パンチラとかじゃないですよ。)

これからは幼虫探しなのでまたこの目が活躍してくれそうです。

ところで、二枚目の写真。凄く卑猥なものに見えてしょうがないのですが、こんなことを言ったら虫草屋さんに怒られてしまうかな...笑

2010.09.24     カテゴリ:  風景 landscape 

   風景なぞ

_1016231.jpg

_1016237.jpg

_1016265.jpg

_1016269.jpg

_1016526.jpg

_1016518.jpg

_9074299.jpg 

湯湾岳山頂付近で食った焼きそば(3袋98円!)は格別だった。


ところで今日はインセクトフェアに行っておりました。事前連絡などはしていなかったのですがなんだかんだいろんな方と遭遇しました笑
サークルのOBの方を初め、昆研にいった後輩のまっつん、里山関連やトウキョウサンショウウオ・シンポジウム等でお世話になっているKさん、リンク先の某大のサークルの方々やみのじさんご夫妻とそのご友人の方...
相方は緊張しまくっていましたがなんだか大学入った当時の人見知り激しかった頃を思い出しますw

で、購入したのは僕はオオシモフリスズメだけですが、相方はスカシジャノメ、ミイロタイマイ(アナスイチョウとも言うらすいwあんなのは普通種だなんて...)、ベニスズメ、キタスカシバ(なんかちゃっかり貰っていた笑)、カノコガの一種などなど。
奄美から帰ってきたばかりでちょっと今は手が出なかったのですが来年はイザベラミズアオを買います。
一目惚れですw 現地では保護されてるようなので飼育品ですがあれはやばいですな。なんか食草マツらしいし。
やばい。まじやばい。


あと衝動買いしそうになったのは真っ赤なコメツキ。全体的なそのフォルムと胸部がとんでもなく格好良かった。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム