全1ページ

2011.02.28     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   カマキリ!

_C048439.jpg


この写真撮って初めて鎌も脚だということを知る...
スポンサーサイト

2011.02.28     カテゴリ:  未分類 

   華麗なるオオトリノフンダマシの狩り

RIMG0218_filtered3.jpg


RIMG0223_filtered3.jpg


RIMG0239_filtered3.jpg


コガネグモ科トリノフンダマシ属オオトリノフンダマシ Cyrtarachne inaequalis

2009/8 東京都 Richo R-10

ツクネグモの記事でトリノフンダマシの仲間についてちょろっと触れたので、なんとなくでっかい写真で紹介します。
普通クモで円網といったら丸い網を想像すると思うんですが、だいたいの種は横糸が渦巻き状になっていて全部繋がっているんです。つまり解いたら一本の糸になると言う事。
でもこのグループは同心円状円網といって横糸が一回転しているのです。輪っかがいくつもあるんですね。
正確には真ん丸という訳ではなく楕円のような形です。

それでちょっと話は飛ぶんですがナゲナワグモをご存知でしょうか。ダーウィンが来たでも放映されていたムツトゲイセキグモがそれに当たるのですがあのグル-プ(Ordgarius属)は網を張りません。
フェロモンによって蛾の雄を誘引し近づいてきた個体を投げ縄(一本の糸で垂らした粘球)で捕えるんです。

ナゲナワグモとは違い、トリノフンダマシ属は網は張るのですが獲物を捕えるための横糸の本数が極端に少なく、しかも凄く緩いので初めて見た時はこんなんで獲物捕れんの?と素直に疑問に思いました。
それでその夜疑問を解消すべく、蚊の猛攻に耐えながら夜間観察を続けているとこれが凄いヒット率。

それに比べ、蛾が掛かる時はムツトゲ程じゃないにせよ結構辺りをブンブン飛んで様子を伺っている感じで近づいてくるのです。どう考えてもフェロモンを使っているとしか思えない!ということで師匠に電話してみるとやはりそういう話が出ているそう。これは面白いってんでその後朝まで残って見ようと思ってたんですが同定が出来ないんです。
網が凄く緩いので人の手で掛かった蛾をはがそうとすると網が崩れちゃうんですね。

これでは観察できないと思い結局やらずに、最初の個体とは別の個体でずっと見ていたのですが、夜8時くらいから見初めて朝4時に眠くなって帰るまで数えていたらなんと23匹。
放射冷却気味で蛾自体あまり活発でないとしても結構凄いなと。あんな数本しか横糸がなくてしかも横糸の間隔も空いていてスカスカなのに、ですよ。

今まで嫌いだった蜘蛛に完全にはまっていた当時、かなり興奮しながら見ていたのを覚えています。
今となっては蛾にもはまってしまっているので、今年は蛾が掛かる前に全部採集してしまって同定しようかなぁと思っています。その前に展翅技術を身につけなきゃいけないですけどねー(棒読み
よくお世話になっているサークルのOBの方にキオビエダシャクを頂いて練習してみたものの酷い有様でしたから苦笑
ミクロレピとか気が狂いますな!

ということで今年の目標は展翅技術を身につけることです。ぼちぼち生活が落ち着いたら始めたいです。



_B148237koko.jpg


_1013229.jpg

オオトリノフンダマシの♀(上)と♂(下、体長約2mmちょい)の写真

2011.02.25     カテゴリ:  未分類 

   冬の出会い

_2181021lo.jpg

木製の手すりにて。
イヅツグモ Anyphaena pugil とフユシャクsp. の♀



2011.02.23     カテゴリ:  未分類 

   ツクネグモ

P1010901.jpg


P1010902.jpg


ヒメグモ科ツクネグモ属ツクネグモ Phoroncidia pilula

2010/7 群馬県 Olympus E-500

 以前ツクネグモの一種について記事を書きましたが、こちらは本家ツクネグモです。

 針広混交林を歩いていた時に葉と葉の間に一本の糸がかかっており、太陽光の反射で一瞬キラっと光ったのが視界に入りました。これは!!と思い見てみるとやはりツクネグモ。体長2mm前後の小さな蜘蛛です(これでも顕微鏡で覗く時はありがたい大きさだけど笑)。沖縄の時といい何かツクネグモには運命的なものを感じます笑

一本の糸だけで大丈夫なのと思いますが、粘着性があるため微小な昆虫がかかるようです。意外と数本の糸だけ張る種類は他にもおり、ヒシガタグモなんかはY字型ですし、糸のタイプは違えどマネキグモとオナガグモは1本~数本です。この中でオナガグモは糸を伝ってきた蜘蛛を自分から襲う戦略をもちますが、他の蜘蛛は基本的には待機型。

 蜘蛛の網を見ているとほんとにこんなので大丈夫なのと言いたくなるような網を張る種がいますが、案外特定のグループ(行動パターン的な意味で)に特化しているともいえるこうした戦略をとる種はなかなかのヒット率を誇るように思います。トリノフンダマシの類は恐らくフェロモンという特殊武器を使っているのでずるいですが、例えばこのツクネグモのように葉と葉の間(表には糸を付けません。たぶん)や草間などに張るということはその空間をよく利用する生き物がいると言う事です。
 日本のクモではツクネグモの網には蛾がよくかかる、とありますが、これは葉の裏を休憩場所とする蛾がそうなのでしょう。それ以外にも池田先生のサイト(クモ生理生態辞典)では微小な蚊の仲間がよくかかるという報告がされていると紹介がありますが、よくよく思い出してみるとガガンボや蚊などは昼間とかには草間などでもよく見かけます。粘着力もなかなか強いですし(触れてみた)、糸自体もそのくらいの獲物であれば切れることはあまりないのでしょうね。

 このように微妙な空間の差を埋めるように成り立っている蜘蛛の生態系と言うのは実に興味深いです。

名前は体の凸凹具合がつくね芋(画像検索)に似ているからだそうです。学名はgoo辞書によるとpila球+-ula指小辞=小球という意味だそうで。ちなみに画像検索の右下の方に何やら卑猥な形をしたつくね芋がありますね。尾瀬付近の湖のお店には力飴というものが売られていますが、ここでも何か運命的なものを感じざるを得ません。自分→ツクネグモ→つくね芋→力飴という流れは今後も何かしらの出会いがありそうで期待している次第です。


2011.02.17     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   イメージ

5月の晴れ渡る青空の下、青梅の谷戸に生き物を探し求めた。森を吹き抜けるそよ風と木漏れ日の温もりはこの上なく心地よい。

そんな中、私達(正確には自分が)は道に迷い斜面を藪こぎして降りて行った。

せっかくバリバリにセットした髪の毛は枝によって崩れ、靴の中には土が入って不快になる。

そして漸く藪を抜け出たと思えば今度はどろどろの湿地。

元の道へと戻るために仕方なくウエットランドを歩くとフギャー!という声。

哺乳類でも踏んでしまったかと思いめぐらしているとそこにはオリーブ色の細い体。

声の主は青大将だった。

「体踏んでるんで頭探して下さい!」

「あれ、なんか見当たりません。。」

青大将の体は思いのほか大きかったようで、想像から察する長さとは違ったために推測しきれなかった。

「あ、ありました!」

と、掴んで持ち上げてみれば普段見る大きさをかなり上回っていた。

自分の頭より大きな鳥やら哺乳類やら食らってきたのだろう。

頭は縦にも横にも幅があり、伸ばしてみれば160㎝を優に超えていた。

私達はそれを撮影すべく頭を押さえたまま持ち運ぶ。

躍動する筋肉のうねりをその手に感じながら移動していると、所々光が林床に届いている薄暗い場所を見つけたので、そこに放して撮影することにした。

安息の時を奪われ、陽を背に浴びるには暗い林内へ移動させられた青大将は私達に噴気音をあげ、近付けば怒りを露わにして口を開け咬み付こうとしてくる。

経験則で、咬まれればこの大きさの青大将だととてつもなく痛いことが予想されるので、咬み付かれない距離を保ちながらその間の空気を詰めていく。


自らの思い描くイメージへと近づけるために。





P1012671.jpg




tutuo.jpg


素敵な文章と写真を載せている月光守宮さんのブログはこちら→月明かりにヤモリ


この青大将の写真を載せた記事はこちら→アオダイショウ

2011.02.17     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   ナカジロナミシャク

P1013964_filtered.jpg

ナミシャク亜科ナカジロナミシャク Melanthia procellata inquinata

2010/5 長野県 Olympus E-500

ぺたり・・・

2011.02.14     カテゴリ:  未分類 

   黄金色の輝き。

_1012553_filtered.jpg

コガネヒメグモ Chrysso scintillans

2010/7 東京都八王子市 Olympus E-500

以前の記事でも紹介したコガネヒメグモと2齢の子グモ達。
カラーバリエーションが豊富でこのように金箔のような模様が腹部全体に細かく散りばめられていることもある。どちらかというと豊富というより程度に差がある、と言った方が近い。金箔部分はほんとに金属光沢があり観察会など行うと誰しもが喜ぶ種である。

見かけによらず比較的大きな巣を作り、高さが50~70cmほどのものをよく見かける。
高尾山なんかは7月くらいに行くと登山道の林縁でひたすら本種の網を観察できるので個体差を含めたその美しさを拝見されたい方は是非。


2011.02.09     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   充電中

_1012934.jpg

フィールドに出たい。。

2011.02.03     カテゴリ:  未分類 

   アズマキシダグモとシノビグモ

しばらく卒研で放置しておりました。
本論が残ってますがいろいろと修正を加えねばならないので結構辛い感じです(-ω-;


さて、もうだいぶ暖かくなってきてパーカーも二枚くらいでちょうどよい季節ですね。
もう今時期気の早いやつはスジブトハシリグモとかスジボソとかが水面にゆらゆらしていることでしょう。

妄想だけ膨らましてしばらくはフィールド行かず我慢ですが今日はキシダグモ繋がりでアズマキシダでも。

斑紋パターンが多く、昔はP. clarivittata, P. flavistriata, P. strandi そして今ある種のP. lamaの4種に分けられていました。今は前三種がsynとなっています。


P1012572gt.jpg

まずはキスジ型。この個体はリンク先の月光森宮さんと東京の方に行った時に出会った。あまりの赤さにちょっと涎を垂らしつつ撮影しようとすると実は交尾前の個体だったことに気づき悪い事したなぁと思っていたらもう一匹の方もめっちゃ赤い。この頃はマクロレンズを持っていなかったので激しく悔しい。フラッシュ炊いたら影できてしまうのですもの。



P1013414.jpg

これは基本型。山梨で出会った個体で基本型にしてはこれも赤みがかった良い色合いだと思う。



_C280038we.jpg

これはまさに基本型。幼体越冬ですので去年の年末の撮影時はかなりちっこかったです。


kokokokko.jpg

でこちらは恐らく基本型で、卵嚢を口にくわえた個体。キシダグモ科全般の特徴です。


そんでキシダグモ科で思い出したのでもう一個記事を。

ちょっと変わった蜘蛛がいて名をシノビグモと言い、呼んで字のごとく忍蜘蛛と書きます。これは三重県で初めて記載されたため伊賀地方の忍者にちなんで名づけられたそうです。学名もSinobiusとなかなかいい(Hynobiusみたい笑)。更には科がサシアシグモ科と完全に忍者ですね。この科の種で海外ではそれなりに大きい種もいるのですが属で見たらどうなんだろうなぁ。

ちなみにしょぼい画像↓


P1013880.jpg

Shinobius orientalis ♂

P1013881.jpg



本種は産地の渓流の岩や石とか枝の下、両岸のシダ植物とかそういったところにいて網でガサガサやると採れるのですが、めくる作業で見つけようと思うとなかなか大変で、小さいし動くのそれなりに速いしカイゾクコモリグモ属(水辺に生息するコモリグモの仲間です)みたいに透明感あるから見失いやすいんです。
おまけに数自体そんな見ない。

ちなみになんでキシダグモで思い出したかというと、本種はコモリグモ科とキシダグモ科の両方の特徴をもつ種だから。卵嚢は糸疣に付けてコモリグモみたいなんですが、形態はキシダグモに近いし眼列なんかかなりキシダグモっぽい。また幼体時にはキシダグモと同様の網を張るとか。

キシダグモとコモリグモの仲間両方の特徴を併せ持つ素敵な蜘蛛ですね~。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム