全1ページ

2012.06.27     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   ポンデリングうねうね

P6277472s.jpg

ヘビヌカホコリ Hemitrichia serpula

尿酸値が7.1を超えてしまったジークです。大好きで堪らないジュースも(山に行くと一日に炭酸4本くらい)、我慢出来ないお菓子も正直我慢せねばならぬ時が来てしまった気がします。
善玉コレステロールも凄く低いし悪玉コレステロールは高いし。

なので今日から野菜をバリバリ食べることにしました。
今日はレタスとご飯の代わりに豆腐とか食べてました。とりあえず痩せようと思って。

一昨年の夏は60kgジャストだったのに今は77kgありますからこれは大変なことです。

いつも食べ物に見える粘菌、今日は昨日採集してきたヘビヌカホコリがポンデリングに見えて仕方ありません。
スポンサーサイト

2012.06.27     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   もしかして

先日シャクガの幼虫につく冬虫夏草が出るポイントに2週続けて行ってきた。
久々に会った後輩をいじり倒しつつ粘菌やら冬虫夏草やら探してもくもくと這いつくばる。
コンディション良いかなぁと思って探すも今回はちょっと乾きすぎててあまり宜しくない感じ。
昨日だったらなぁ・・という状態のものが多く微妙にタイミングを外してしまったようだ。
土曜日に歯医者の予約入れるんじゃなかった。
先週は先週で雨降ってる最中に探していたものだから雨粒に当たってしまった個体はもう元に戻れないので被写体としては微妙なのばかりだった。一度子実体形成が始まってしまってからは非可逆的に進んでいくのだ。

とはいいつつもなんだかんだでツノホコリ、タマツノ、エダナシ、コウツボホコリ、シロウツボ、シロジクキモジホコリ、シロジクモジホコリ、クダホコリ、ホソエノヌカホコリ、コガネホコリのような粘菌一種、ムラサキホコリsp.×2、モジホコリsp.×2 とそれなりには見られて徐々に粘菌力を上げていっている気はする。
顕微鏡使って胞子観察もしていきたい。

さて、目的の虫草。いくら前回と同じような環境を探しても見つからずあの2個体だけだったんだろうか。と思っていた時の事。
湿地と山の間のちょっとだけ開けた道からそれて沢沿いの谷戸を歩いているとなんとサークルの先輩だった方が発見。沢のほぼ真上の枝に付いていたシャクガ幼虫から発生しており、前回よりかは高湿度で風通しも少し悪かった。
そして前回とは違う種類の幼虫に付いていた。
なので宿主特異性はあまり高くなく、始めの憶測通り似たような環境にあればどこででも見られるのは無いか?
ということは他の場所でも探せば案外いそうな気がしてきたので次は違う所の同じような環境で血眼になって探すしかない。同じような環境と言ってもちょっと他の場所とはいくらか空間的な要素が違う点がちらほらとあるからだ。ほんとに同じような場所、というとあまり思い当たらないから頭の中をフル回転させて場所のピックアップをしてる。

そして何より発生時期が分からないだけに、これからコツコツとデータを集めていくことが大切になりそうだ。
忙しくても時間を作って外に出なければ。

P6247409s.jpg

それにしても格好良い冬虫夏草だ。
この気色悪さは凄く好みだ。




P6247391s.jpg

シロジクキモジホコリ Physarum melleum




そういえばこの日はオオルリのペアを結構近くで観察出来た。どうしてもタバコを吸いたくてライターを買いにコンビニに行こうとしたら朝からずっと鳴いていたオオルリの声がやたらと近くで聞こえてそのまま立ち止まっていたら、目線よりちょっと高いくらいの位置の木の枝のおよそ5mくらいのとこに止まって囀りだしたのだ。
何処からともなく雌の声も聞こえて雌まで目の前に出てきた。今まで結構遠くでしか見たこと無かったから心臓がバクバクした。

なんでこんな近くで?と思ったけど私達がいたそのすぐ後ろにはオオルリの巣と思しきものがあったのでもしかしたら警戒されていただけなのかもしれない。ごめんよ。

2012.06.26     カテゴリ:  植物 Plantae 

   雲切草

P6247439s_filtered.jpg


Liparis kumokiri

2012.06.24     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   ミカンのつぶつぶ

P6247374s.jpg

P6247384s.jpg


クダホコリ(未熟個体) Tubifera ferruginosa

持ち帰る為に箱に入れていたところ、家に着くころには赤褐色に変化しておりました。
その写真はまた後日。。

2012.06.23     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   嘆きの虫草

常に湿度の高い谷戸が何本もあるお気に入りの里地。
梅雨真っ只中、雨の降っている中で更に高湿度になっている森の中をRoccoと歩いていた。

この日も粘菌や冬虫夏草を探して長靴も履かずに泥まみれ。
ツノホコリ類やオオムラサキホコリ、ウツボホコリ数種があちこちで変形体から子実体として成熟し始めていたが冬虫夏草はあまり目ぼしいものは見つけられず。

休憩がてら入口付近の開けたとこに戻る時にはすっかり雨は上がって青空が広がっていて気持ちの良い天気となった。サラサヤンマが飛び交い始めたなぁと思っていると林縁では倒木に産卵している個体も見られた。

お昼ご飯を食べてもう一周しようかと歩いていた時、後ろを歩いていたRoccoがこれ何ーと言ってきた。

大体こういう時は変なものを見つけた時。
期待しながら見に行くと遠目で見ても図鑑でも見たことのない冬虫夏草。しかも気生型で子実体の出方も異常に格好良い。

P6177045.jpg

近くで見るとシャクガ類の幼虫から出ていた。鱗翅目の幼虫から出ていると言えばよく目にするハナサナギタケも枝上で見かけることがあるが、その多くは地生型だ。

気生型で鱗翅目の幼虫でこの子実体の出方・・・
とりあえず詳しいことはまだ分からないのだが、今後時間をかけて冬虫夏草に明るい先輩に意見を伺いながら、自分なりに文献や図鑑を当たって調べてみようと思う。一個体は乾燥標本にして明日追加でもう少し取れればと思う。属も分からん。

宿主は恐らくエダシャク亜科の幼虫だと思うのだが、あの膨大な種の中から本種を同定するのはちょっと辛い。

P6177070_filteredsa.jpg



P6177069.jpg


下の写真の個体は同じような環境で見つけた大きめの2個体目。これは自分で見つけられたのでこっちを乾燥標本にした。
そして写真撮影して家に持ち帰り、完全型か不完全型か分からなかったために追培養をしてみると埋生している子嚢果が。改めて写真を見てみたら採集した時点で子嚢果がいくらか見えていた。

P6177135_filtered.jpg

今年一番の興奮であった。


今後何か分かり次第報告するやもしれませぬ。

2012.06.21     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   怒れるメタラー

08289672.jpg

フクラスズメ Arcte coerula

みんなが愛して止まないフクラスズメ。

2012.06.19     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   悲痛な叫び

P6177170.jpg

楽しみはこれから。

2012.06.19     カテゴリ:  植物 Plantae 

   マメヅタ

P6106537p.jpg

マメヅタ Lemmaphyllum microphyllum

以前、千葉県のとある高級(そうな)住宅街を歩いていた時に法面にびっしりと着生していて、そこかしこに胞子葉がぴよ~っと伸びていたのを見て妙に嬉しかったのを覚えています。
お前こんなとこにもいたんかー!って。
胞子葉を覗いてみると分かるのですが、ソーラス(胞子嚢群)がわさっとあるのでこんな形してウラボシ科なんですね。ヒトツバとかノキシノブとかが同じ科にいます。


マメヅタって結構あちこちで見るけどどこにでもある訳ではない、なんか見つけると頬が緩んでしまう、そんな存在です。

この時は沢沿いのでかい岩にびっしりと着生していました。その中でポツネンとくっついてたもの。

初めて見たのは岐阜に調査で行った時にアベマキにびっしりと着生してたやつだったかなぁ。

2012.06.19     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   紫雲

P6106772p.jpg

センチコガネ Phelotrupes laevistriatus


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム