全2ページ

2012.11.26     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   イトヒキミジンアリタケ

PB249856s.jpg

イトヒキミジンアリタケは年中見ることのできる冬虫夏草。
けど胞子果のある個体はなかなか見つけられないでいる。

沢沿いに生えている木の沢側の根元付近をくまなく探し歩くと相当数見つかるのだけど、始めはいろんなものに
騙された。
蘚苔類だったり何かの根だったり・・・

そして古い個体が多く、この写真の個体は苔が生えていた。。

これはこれで趣があるなぁ。



そしてカニムシやいろんなちっちゃい生き物を探して樹皮を捲ってもよく見かけるイトヒキミジンアリタケ。

こちらは発生段階初期の個体。
頭部の後ろから出始めている。

PB249685s.jpg


おまけ。いる時はまとまってかなりいるヤドリカニムシ。
PB249762s.jpg
佐藤 (1978)によると営巣は脱皮の際に行われ、抱卵する際は楕円系の抱卵床をつくるそうだ。
脱皮の際の巣はよく見られるため、これが見つかると「あ、いるんだなぁ」と思ってひたすら捲る。
割とそこら辺の公園にいたりもするので是非探してみて欲しい。
捲った樹皮と、捲られて露わになった部分を目を凝らして探すとその不思議な生き物が見つかるはず。
沢沿いだと上記のイトヒキミジンアリタケも見つかるという1粒で何度も美味しい樹皮捲り。
スポンサーサイト

2012.11.25     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   ウスタビガ

PB239669s.jpg


PB239645s.jpg

Rhodinia fugax fugax

標高700mほど。その手前の低いとこではコンビニに♂が3頭ほどきていました。

昼間に森の中で会えるのはいつになるだろう。。

2012.11.24     カテゴリ:  渦虫綱 Turbellaria 

   a day of rest

鎌のある格好良いサシガメを撮影していた時の事。

腰が痛くなって背を伸ばしていたらカシの根元に黒いヌメっとしたものが見えました。


PB249927s.jpg


なんとはなしに見てみるとお馴染みのコウガイビルたん。

いつも見ている姿とは違って丸まっており休息しているように見えました。

でもまさか、、と思って試しに葉っぱの柄でつついてみるといつものようにのそのそ~っと動き始めたコウガイビルなのでした。

PB249945s.jpg

2012.11.17     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   クモ生の冬虫夏草その2

P4275358.jpg

まだ未成熟の様子。。不覚にも採集するの忘れてしまった。

2012.11.17     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   エダナシツノホコリ

P6247339.jpg

随分と前の写真ですがエダナシツノホコリ Ceratiomyxa fruticulosa var.descendens

P6247332.jpg

下にある倒木の左の方の白い部分です。
ただマクロで撮影しただけで電顕写真のような不思議な雰囲気に。。
ツノホコリの変種ではキイロタマツノホコリが見れていない。あれはいいなぁ。。
あとナミウチもまだ綺麗に撮影出来ていない。

もう見られる粘菌もかなり少なくてたまに見かけるマメホコリをにんまりしながら見るくらいです。
暫くイベント続きで外に出られてないので久々に外行きたいなぁ。
来週は秋の夜長を満喫しに行こうと思ってます。

あわよくばメダマホコリを見たい。

関係ないですが明日明後日と昆虫大学に遊びに行きます。→http://d.hatena.ne.jp/mereco/20121117/p1

2012.11.13     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   デザインフェスタその後

PB119414s.jpg


PB119435s.jpg


デザインフェスタ、無事終了いたしまして朝から一般客として入場待ちした僕は足が棒のようになりました。
まだ疲れが抜けていないような・・・椅子は必須だなぁと思いました。

C-236に構えたブースはこのような出し方で、なかなかよい感じです。

いろいろと反省点の多かった初参加回となりましたが、とても楽しく参加できました。
残念だったのは僕がいない時に限ってマムシの細密画を褒めて気に入って下さった方が多かったこと。
何人もすれ違いでご挨拶できなかった方もいまして、もっとちゃんとブースにいるタイミングを図るべきだったなぁと思いました。

細密画は残念ながら売れませんでしたが、Roccoがこの後どうするかブログの方に書くと思いますので気になる方は覗いてみてください→
もふもす


ちなみに一般客で入って早々に目についたのがこちらのブース。


PB119427s.jpg

まるで外灯に集まった後の祭りのような雰囲気で、Roccoが給料日払いをしてました笑
こんな光景を実際に目にしたらRoccoはどうなってしまうのか。。。


そして最後に。今回一緒にブースを出した、というかRoccoを誘ってくれた後輩の骨屋さんがHPを作ったそうです。
是非遊びに行ってみてください→
Marihonette
リンクにも追加いたしました~。

2012.11.09     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   green lacewing

PA138705s.jpg

クサカゲロウの仲間は顔を撮れば同定できる種もいると聞いたことがあったので撮影はしてみたものの、無紋だった。
なんとなくクサカゲロウは覚えてみたいグループ。

2012.11.09     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   マダラトカゲモドキ

P4285766s.jpg

Goniurosaurus kuroiwae orientalis

歩いていたらいつの間にか渡嘉敷島にいたなんてことはないのだろうか。

2012.11.08     カテゴリ:  唇脚綱 Chilopoda 

   げじげじ

PC041941s.jpg


PC041972s.jpg

この時期になると何故かオオゲジを探したくなる衝動に駆られる。


もう冬ですねぇ(て言いながら全裸に毛布一枚で寝ている)。新しいとこに移ってからもうすぐで一年が経ちそうです。思えば今頃は仕事どうしようかなぁなんてのんびり考えていました。

またみんなでワイワイ話しながらヒダサンショウウオ探しに行きたいなぁ。

2012.11.05     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   デザインフェスタの告知。

PB059404.jpg

さて、以前にもお伝えした相方のRoccoの細密画。

模様付けに入る段階に入って色々アドバイスしながら見ていましたが、やはりぐっと格好良くなってきました。
個人的に欲しい笑

てわけで、お知らせです。
↓↓↓↓↓↓↓



出展ブースNo.C-236

出展ブース名:骨ト曲芸 マリホネット
紹介URL:http://www.designfesta.com/exhibitors/introduction/jp/detail.php?id=BIWtWeDBuJSTzVtFq07g5g%3D%3D

こちらのブースは名前の通り、さまざまな動物の骨格標本を展示・販売しています。
後輩の骨屋の女の子なのですが、とても素敵で面白くて格好良い骨格標本を作っていますので必見です。
初めてサークルの会室に来た時にタヌキの手の剥製の手袋?をはめたまま入ってきたツワモノです。


それでその女の子にRoccoが誘われての販売となります。
注意して頂きたいのは、こちらのブースが両日とも出店するのに対し、Roccoは11月11日の日曜日のみの参加で細密画も日曜日のみ展示・販売となります。

初めて販売するという事で自分で責任をもって販売したいとのことなのでご了承ください。(土曜日は仕事なのです。)
ちなみに作品は2点となります。

ということで皆様もし宜しければ来てみてくださいね!

僕も日曜日に遊びに行きま~す。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム