全1ページ

2013.03.31     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   オオキンカメムシ

PC230837.jpg

去年の暮れに見たオオキンカメムシの集団越冬。

全部は数えてないけど海沿いの崖斜面に生えていたヤツデの葉裏に30匹以上いた。


PC230849.jpg


PC230998.jpg

車に戻る途中にはホトトギスが咲いていた。

この時執念で見つけたイソカニムシの幼体一匹は忘れる事はないと思う笑

PC231157_20130331225045.jpg
スポンサーサイト

2013.03.28     カテゴリ:  未分類 

   フタモンアカザトウムシ

P3283300_20130328215452.jpg

Kilungius bimaculatus
石垣~与那国、尖閣、台湾に分布するアカザトウムシで、とある方からの頂き物です。



P3283281.jpg

いつ見てもアカザトウムシの仲間の鎌は凄い。

P3283304.jpg

日本産土壌動物検索図説では上の写真で見える眼丘後部の模様はシマアカザトウムシのもののようなのですが、この部分は個体差なのか?

P3283282.jpg

写真中央に見えるポコッと開いている穴が臭腺口です。この個体はいくら苛めてもあの物質を出さないなぁ。

2013.03.25     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   苺みたいな

P3172998.jpg

ウロコアリの一種 Strumigenys sp.

2013.03.20     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   湿布飲料

P4305964.jpg

とあるリンク先の飲み物の記事に触発されて。

さる昨年の沖縄旅行でリンク先のマッドさんに奢って頂いた時に飲んだルートビアが実は初体験でした。

ルートビアを最初にジョッキで飲んだのが正解でした。

この前関越道の三芳で缶のルートビアを見つけて飲んだのですが、ジョッキで飲んだ時の感動がかすれてしまう程に清涼感がなく、でもこれはビールをのんでいる時と同じだなぁと思って異常なまでにジョッキのルートビアを体が欲しています。

関東圏に進出してくれないのかしら。。


ちなみに去年は夏の調査が結構過酷だったので調査の日は一日2本以上Monster Energyを飲んでいました。
あれは炭酸の泡がきめ細かくて舌や喉で受ける炭酸の刺激が心地よく、味も結構好みでした。

2013.03.18     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   三人衆

P9227946.jpg

シロテングタケ Amanita neoovoidea

三人衆というより三兄弟。

2013.03.18     カテゴリ:  未分類 

   ジグモ

P3172982.jpg

恥ずかしながらジグモの分散を初めて見ました。
というかこの時期は花粉症が酷くなるのが嫌でここ数年この時期は出かけなくなっていたというのが大きいのですが・・・

教えて貰って見に行った頃には既にほとんどが散ってしまった後だったのでその過程を見られなかったのが残念です。


歩きながら糸がどんどん付いていくのでしょうけれど、木の柵が真っ白にコーティングされていてとても美しくなっていました。
全部これでコーティングして欲しい、と某カメラマンの方が言っておりましたがそれはそれは美しい光景になりそうですね。。




P3172970.jpg

幼体の頃から健在です。この上愕。

ジグモ Atypus karschi

2013.03.11     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   exquisite

P3102821.jpg


O先輩が杉の樹皮下で見つけたカモドキサシガメ。肉眼で見ると3mmくらいの白い木屑のように見えるが、撮影してみてその美しさに驚愕した。
会社で調べるのを我慢できずにツイッターで聞いてみるとカワリマダラカモドキサシガメではないでしょうかとの返事を。ネット上では写真は全く出てこないが、カメムシ図鑑3巻に成虫の写真が載っていた。比較的最近記載された種のようです。
この手のカメムシはチビアシナガサシガメと言い、成虫の翅が生えた姿も凄まじく格好良いので今年の楽しみ。


P3102828.jpg


頭部のアップ。
P3102840.jpg

2013.03.11     カテゴリ:  未分類 

   コアカザトウムシ

Roccoが石の下で見つけたコアカザトウムシ。
琥珀の様な輝きの触肢が美しい。


2倍テレコン+35㎜マクロ+スーパーマクロレンズの組み合わせで撮影。
2枚目がトリミング無しです。
体長は1mmちょっとです。

なかなか触肢を伸ばしてくれなくて下面側がどうなっているのかいまいち分からない。
採集はしてあるから顕微鏡で覗くのを楽しみにしてます。


P3102803.jpg

P3102806.jpg

P3102809.jpg

上の写真では眼丘がふっくらと膨らんでいるのが分かりやすい。

P3102793.jpg

動きは結構散漫で、他の日本産アカザトウムシに比べると相当遅い。八重山に分布するイシカワアシボソザトウムシなんかはかなり動きが早くて驚いた。瞬間的な早さはなかなかのもの。

本種は何を食べているのだろうか。次の課題。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム