全1ページ

2013.06.30     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   ひたすらマメザトウムシ

P6294595.jpg

マメザトウムシ Caddo agilis
長野県

遠征から帰って参りました。

なんというか千葉は暑いっすね・・・


P6294597.jpg
触肢に三本棘があるのが分かりますね。

今回は虫草界のプリンスこと山本さん、Ⅲ月紀のrichooさん、Magnifying GlassのTOMBOさん、どろんこ先輩と僕・彼女の6人でのフィールド。

予定日の前日に長野入りしたのでTOMBOさんに地元のフィールドを案内してもらいました。

とりあえず土曜日は冬虫夏草を探し予定だったので懲りずに御豆様を探すことに。
いそうな斜面の木を探すとまずマツの木に一匹発見。
しかし樹皮の窪みに逃げられてロスト。

その後はそれぞれ見つけて撮影。
一通り終わって落ち着いていたらTOMBOさんが今まで見ていなかった環境で発見。


次の日も虫草探しが終わってから御豆様探索に


P6294601.jpg

やはり前日に新しく分かったその環境でもあちこち見つかる。うーん。凄い。


P6294604.jpg

あとは群馬県で成体を採集してぼちぼち比較を始めてみたい。


帰宅してからのビールとペペロンチーノと岩手県産牛ビーフジャーキーと米沢牛チョリソーの組み合わせが最高過ぎる。
おたぐりはやはりビールを合わせたかった笑
スポンサーサイト

2013.06.26     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   マメザトウムシが大人になってた!

P6264264.jpg

Caddo agilis
岩手県

前々回前回と紹介してきたマメザトウムシですが、今回一か月のスパンを経てまた探してみたら成体になっておりました。
ほんとに粒にも満たないような幼体から探し続けてきた身としては、育てている訳でもないのに親にでもなった気分です。



P6264270.jpg

いつもはすぐに液浸標本にしてしまっていましたが、今回はコケとクーラーボックスを用いて元気な状態で持ち帰ることが出来ました。

P6264276.jpg



明後日からの遠征では冬虫夏草を探してきます!

2013.06.25     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   帰宅

P6094207.jpg

日々忙しく過ごしていたら、あれよあれよという間にもう6月も終わってしまう。

6月に入ってから1回しか外に遊びに行けなかったけど、その代わり今週末は超楽しみにしていた遠征がある。
久々にめいっぱい遊ぼうと思う。


ところで最近はまっているマメザトウムシ。
夜行性なのかなと勝手に思っていましたが、昼間もかなり活動しているようです。

めちゃくちゃ良い環境のとある場所で、休憩がてら探してみたら、ものの数十分ほどの間に50匹近い個体を見つける事が出来た。
今回探してみたことでコツを掴んだので他のところでも試してみたい。

今でも石をひっくり返せば見つかることは見つかるけれど、文献通りのところが一番多いなと感じた。
それと、もう一つの方法でも見つかるのだけどこちらは体勢が少し厳しいからヘルニアもちの私には少々辛い。

ということで、クーラーボックスで温度管理をして大事に大事に持って帰ってきました。
それを見てニヤニヤしていると疲れが一気にぶっとんでしまいます。可愛い。

2013.06.15     カテゴリ:  ザトウムシ目 Opiliones 

   綺麗綺麗しましょ

P6094066.jpg

2013.06.09     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   イトヒキミジンアリタケ

P6094156.jpg

子嚢果のある個体を久しく見ていないですが、この場所はやはりかなり数が多いようで探す気になって探すと相当数見つかる。
けど全然見れない地域もあるとかで不思議なものです。

2013.06.09     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   岩手でのトビムシ

実家に帰省していた時に見かけた、関東では見たことが無かった感じのトビムシ達。
トビムシを同定するにはまだまだ努力が足らないのですが、やはり見ていて凄く楽しいです。


P5253822.jpg

ぱっと見はムラサキトビムシ科辺りかなと思ったんですが、もうとにかくでかい。
3mmを優に超える大きさでなんじゃこりゃ!叫んでしまいました。そして眼が無いですね。




P5253683.jpg

そしてこちら。今まで見てきたイボトビムシの中では一番大きく、これも3~4mmほどありました。
普段こういうのを見てきている人ならでかっ!!と叫ばずにはいられない大きさ。



P5253695.jpg

もはやなにトビムシなのかすら分からないトビムシ。採集する前にぽろっと落ちてロストしてしまった。


P5253743.jpg

こちらはマルトビムシ。このような種類も初めて見ました。関東で良く見るのは黒、オレンジ数種類、艶のあるくろっぽいのなどなど。こんな模様のも可愛くて良いですね。マルトビムシは同定がいろんな意味で厳しすぎてまだ手が出せませぬ。。

2013.06.09     カテゴリ:  未分類 

   アキヤマアカザトウムシ

P6094082.jpg

Idzubius akiyamae


P6094117.jpg


P6094098.jpg

やはり溜息しかでない素晴らしいザトウムシです。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム