全1ページ

2014.02.20     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   シロトビムシ科の一種

P2029929.jpg

忙しくも生き物的には楽しい日々を送っております。
元気ですが、顕微鏡を見る時間が欲しいです。

写真は久々にレイノックスを使いました。

スポンサーサイト

2014.02.09     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   クモ生の冬虫夏草

P2020065_20140209074953c02.jpg

Torrubiella sp.
2014.2 東京都 枯れ沢の倒木下



P2020019_201402090749556df.jpg


P2020079_20140209074956161.jpg

虫cafeへ。

2014.02.02     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   撮影風景。

P2023717.jpg

ここまで重くなるまでにはいろんな過程を経たわけですが、2011年辺りは職場の方に教えて貰ったプアマンズストロボを使っていて、トイレットペーパーの芯と煙草の箱をガムテープで固定して内臓ストロボにかぶせていました。

そしてこれが今の姿。カメラ本体に3灯、ゴリラポッドで1灯(いろんなとこに固定できる)、手持ちで1灯、常時付けているのは撮影補助用のLEDライト。
両爬を撮る時はだいたい2灯ですが、被写体が動かない時はこんな感じで撮影してます。果たして5灯も使って意味があるのかどうか怪しいところですが、自分の好きな雰囲気を出そうとしてたらこんな感じになっていました。
めっちゃ重たくて首は凝るは採集しづらいはでだいたいカメラはその辺においてひたすら石や倒木をひっくり返したり、たまに気生型の冬虫夏草探しで葉っぱを捲ったりしてます。

欲を言えば焦点距離を稼ぎたいので60mmくらいの等倍レンズが欲しいのですが、オリンパスのフォーサーズでは出ていないので35mmマクロです。これにレイノックスを付けると密写状態になってライティングが極めて困難になってしまいますがそこは根性です。

たまにどんな感じで撮影しているのか聞かれるので載っけてみました。

撮影しているのはクモ生の冬虫夏草 Torrubiella sp.


P2020067.jpg

全体像はまた次回ということで。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~相方のOlympus E-620
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D

・レンズ
EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS
EF-S 60mm F2.8 マクロ USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM
EF 50mm F1.8 Ⅱ

2灯~5灯くらいで撮影してます。



QRコード
QRコード
検索フォーム