全2ページ

2014.06.30     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   サナギタケ

P6292498.jpg

2014.6 栃木県

毎年結構な数のサナギタケを見るけれど、その奇主が何であるかを調べるのもまた楽しい。
このサナギタケはコバントビケラのような巣から出ていた。カトカラの仲間だろうか。
スポンサーサイト

2014.06.30     カテゴリ:  植物 Plantae 

   リンドウ属の一種

IMG_2198.jpg

Gentiana sp.
2014.6 栃木県

言われなければ全然正体が分からなかったこのリンドウの仲間。
凄く小さくて根元付近の葉が厚い不思議な姿だなぁと思っていましたがまさかリンドウだったとは。


IMG_2240.jpg

ってことで今週はこんなとこに行ってました。土砂降りで凄く気温が低かったです。
ほんとに趣味の時だけ雨男になりつつあるようです...

久々に後輩たちとのんびり山を歩けたので楽しかった。

2014.06.29     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   キノコの灯火

IMG_1996.jpg

キツネノロウソク
2014.6 栃木県

2014.06.29     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   ジコボウでお絵かき

IMG_2158.jpg

2014.6 栃木県

イグチの仲間は傷つくと暗青色に色が変わる種が多いので遊んでみた。

2014.06.23     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   猫帽

P6152253.jpg

2014.6
青森県

ボーベリアでしょうか、凄く可愛い感じになってました。
そして問題はこの宿主...

2014.06.22     カテゴリ:  植物 Plantae 

   下を向く

IMG_1804.jpg

ギンリョウソウ Montropastrum globosum
2014.6 山梨県

まだ完全には膨らんでいないようでした。先週の青森は全盛期と言う感じで良かったけど、この時期のもまたよいですねぇ。

2014.06.22     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   カケスの羽

IMG_1703.jpg

調査ではいろいろと惑わしてくるカケス(先週はツクホーシと鳴いていた...)ですが、凄く久々に羽を拾いました。
どうやら食痕のようで付近を探すとあちこちに散乱した羽が。


IMG_1711.jpg

Roccoは羽コレクション用に採集していました。雨覆でしょうか。小さくて綺麗でした。

2014.06.22     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   雨のブナ林にて

IMG_1782.jpg

2014.6 山梨県
東京から山梨へ移動して車中泊。

2週立て続けにマメザトウムシを見に行ってきました。
今回も曇り予報だったのですが、結局雨に降られてしまう趣味の時だけ雨男・・・

早朝に起床すると、重くて濃いけど、何故か心地よい空気のブナ林を堪能することができました。


P6212341.jpg

Caddo agilis
2014.6 東京都

大学1年の時に来て以来で久々に訪れた東京の某山中では沢沿いにかなり良い環境が残っていて、マメザトウムシもそれなりに見られました。
流石にこれだけ緯度の差があると先週の青森の個体よりかなり育っていて、だいぶ大人の顔つきに。


P6212371.jpg

2014.06.16     カテゴリ:  植物 Plantae 

   18-135mm

18-135mm IS STMというキットレンズでの試写です。

2014.6 青森県にて

IMG_1169.jpg

ギンリョウソウだらけだったので撮影の練習をば。18-135mmで90mm辺りでの撮影。
幅的にも使いやすくて、AFも速いしピントリングでの調整もしやすい。とてもキットレンズとは思えないです。。


IMG_0623.jpg

ワイド端18mmでの撮影。ウミネコの繁殖地にて。

IMG_1107.jpg

同じくワイド端18mmでの撮影。コケイラン。森の至る所に生えていた。可憐で可愛いらしい花でした。周りはヤグルマソウ。

IMG_1118.jpg

EF25を装着して焦点距離85mmで撮影。F値 7.1,SS1/30,ISO250,手持ち

IMG_1233.jpg

Canon70D,18-135mm IS STM,F値 5.6,SS1/10,ISO500,手持ち
暗い所でISO500で撮影してるのにこんなにノイズが入らないというのは僕的には革新的です。。

2014.06.16     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   地上に舞い降りた天使

約1か月ぶりのフィールドでした。
青森県のこの場所は1年越しに楽しみにしていた場所だったのですが、前日の夜になって少し雨が降る予報に変わったと思っていたらなんと土砂降り+強風という最悪の天気でした。

この時期の東北だとまだ体が小さく、一粒の水滴でさえ死んでしまいかねないマメザトウムシですが、こういう天気の日はどういう風に活動しているのか気になるところではありました。

林内に入ると直接雨はかからないものの、風で上から大粒の水滴がボタボタ垂れてきていてこれは厳しいかなぁと思いましたが、探してみると意外と普通に活動しておりました。


P6142113.jpg

マメザトウムシ Caddo agilis
2014.6 青森県

リター層にいたマメザトウムシ。口元に0.2mmくらいのマルトビムシがついていますが、スルーされてしまいました。


P6142088.jpg

ブナの根元を歩いていた個体。

P6142102.jpg

トチノキの樹表面にいた個体。
びっちゃびちゃに濡れているところには流石にほとんどいませんでしたが、雨が伝ってきていないところに結構いました。


P6152313.jpg

標高を下げるとだいぶ大きくなっている個体も。

撮影が終わると愛しのE-30がびしょ濡れになってしまっていました。
にしてもボディもレンズも結構下に落としてしまっているけど頑丈だなぁ。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム