全3ページ

2015.01.31     カテゴリ:  腹足綱 Gastropoda 

   パツラマイマイ

IMG_6290_n.jpg

Discus pauper
2014.9 青森県


IMG_6264.jpg
スポンサーサイト

2015.01.31     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   

IMG_0195_n.jpg

2014.12 東京都

よく分からないマルトビムシの一種。
ヒトツメ辺りに似ているけど、死んでいるけど採集しようとしたらカビていたのかもう腐り始めてた?のかべちゃっとなってしまった。1mmほど。

2015.01.26     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   ツノトンボの一種幼虫。その後。のその後

IMG_2463_n.jpg

2015.1

地味に飼育を続けているツノトンボ。
孵化した後の写真はこちら→
ツノトンボ1種の幼虫

この頃は2.5mmほどしかありませんでしたが今現在は8mmほど。自然界での成長スピードを知らないのですが、かなりさぼり気味に飼育しているのでこの時期にしては小さいんじゃないかと思う。


IMG_2487_n.jpg


IMG_2500_n.jpg


2015.01.25     カテゴリ:  軟甲綱 Malacostraca 

   赤斑

IMG_2413_n.jpg

2015.1

今まであまりワラジムシを見かけても撮影することはなかったのですが、とある場所で思わず採集してしまったかなり美しくて格好良いワラジムシ。
まだ全然同定に手をつけていないので種は全然分かりません。

アカマダラハナムグリを彷彿させる配色でゾクゾクします。


IMG_2447_n.jpg

2015.01.23     カテゴリ: カニムシ目 Pseudoscorpionidaイソカニムシ科 Garypidae 

   イソカニムシ

IMG_2162_m_20150123221312f9b.jpg

イソカニムシ Garypus japnicus
2015.1 神奈川県

ほんとうは、冬にも外に出て活動しているのかを確かめるべく夜にも海岸を歩こうと思っていたのですが、駐車場が閉鎖&もう一つが夜間やっていないということで断念した。また今度の機会に。


そういえば会社の先輩ととあるものを商品化しようと画策中で博物ふぇすた辺りに出品しようかと思っています。
楽しみ。
元々は調査現場で同定できるようにするための資料作りの流れですが...

2015.01.17     カテゴリ:  ザトウムシ目 Opiliones 

   ゴホンヤリザトウムシ

IMG_9707.jpg

Systenocentrus japonicus
2014.12 東京都


先週の現場で花粉症が酷くなってしまって、既に引きこもりモードのジークです。
昨年は1月から3月までずっと岩手の現場だったので凄く楽でしたが、今年は千葉の現場が何個かあるため、声も枯れてしまうくらいには悪化するでしょう。スギめ...

2015.01.16     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   クモマルトビムシ科の一種

IMG_0440_n.jpg

クモマルトビムシ科の一種
2014.12 東京都

体長1mmほど。
マルトビムシを撮影しているとたまに見られるこの行動。
種によって違うのか分かりませんが、凄く頻繁に行う個体とそうでない個体がいます。
この種はどの個体も頻繁に上を見上げて肢も上に伸ばすような仕草がよく見られました。


IMG_0459_n.jpg

横から。

IMG_0460_n.jpg

斜め後ろから。

IMG_0462_n.jpg

通常時。

補助光として使用しているライトを消しても行うのでよく分かりません。一方、先日掲載したチャマダラマルトビムシでは今まで一回も見たことがありません。

2015.01.15     カテゴリ:  渦虫綱 Turbellaria 

   一反木綿その2

IMG_2020_m.jpg

プラナリアの一種
2015.1 神奈川県

カタツムリトビケラがいた染み出し、その流れを真夜中にじーっと見ているとやはりプカプカと泳いでいたプラナリア。
以前の種とは違って杯状眼がありどこか漫画チックというアニメキャラというか、そういう可愛らしさがあります。

IMG_2069_m.jpg

IMG_2031_m.jpg

IMG_2019_m.jpg


来週の1月20日(火)~2月1日(日)まで、表参道駅近くのギャラリー・ドゥー・ディマンシュ青山店にて行われる「あまのじゃくとへそまがり」さんの個展でちょっとだけ写真を展示させていただくことになりました。

あまへそさんの作品はこちらで見られます→
あまのじゃくとへそまがり

僕は説明するのが苦手なので、とりあえずホームページで作品を見てみてください。
とにかく素敵な作品を制作されており、インセクトフェアなんかでもご存知の方もいるのではと思います。
前回のアカイボトビムシも素晴らしかったですが、個人的にはティッシュを入れられるセミの抜け殻の作品がツボでした。

詳細は
こちら

2015.01.12     カテゴリ: カニムシ目 Pseudoscorpionidaウデカニムシ科 Cheiridiidae 

   オオウデカニムシ

IMG_2215_n.jpg

オオウデカニムシ Apocheiridium pinium
2015.1 東京都

アカマツやスギの樹皮下で見られますが、まだ知人に教えていただいた一か所でしか見たことがありません。
体長1.2mmほどで、凄く平たいです。
たぶん、樹皮を捲っても触ったり驚かしたりしない限り速く動かないので、いてもスルーされていること必至なカニムシです。
1mm以上もあるのですが、知らないと存在に気づきにくいというのもあるかもしれません。
ウデカニムシ科は凄く好きなグループで、小笠原にグンバイウデカニムシという固有種がいて、体表毛が軍配形をしていることから他のウデカニムシとは区別されるようです(Sato et al. 1984)。

IMG_2245_n.jpg

2015.01.12     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   チャマダラマルトビムシ

IMG_1926_m.jpg

チャマダラマルトビムシ Ptenothrix maculosa
2015.1 神奈川県

体長2.5mm前後もある大型のマルトビムシ。
割と乾いたところを好む印象があり、以前熊本県で見た際もカラッカラの林道脇の凄く乾燥した石の下にいました。
今回も日向にある乾燥した石下にて。


IMG_1844_m.jpg

IMG_1928_m.jpg


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム