全2ページ

2015.02.28     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   イボトビムシ科の一種

IMG_9621_n.jpg

2014.12 東京都

乳白色のイボトビムシ科の一種。

スポンサーサイト

2015.02.27     カテゴリ:  未分類 

   雪の人たち。

IMG_0851_n.jpg

IMG_0729_n.jpg

IMG_0616_n.jpg

IMG_0786.jpg

結局2月はどこにも行かぬまま終わってしまった。とりあえずは第2版を楽しみにしていたのだけど、まだ届かない。
明日あたり来てくれたら嬉しいなぁ。


そういえば今年の夏に開かれる
博物ふぇすてぃばる!に物販で応募の申し込みをしました。会社の哺乳類屋の先輩との共同で仕上げたのでそれなりに良いものができたかと。
そろそろ双眼鏡の良いのを買いたいのでそれくらい売れると嬉しい。両爬哺調査にも持って行っていたせいで、流石に傷が目立ち始めた。いろいろと怪しいところも出てきてしまったので今年には買い換えたい。

2015.02.27     カテゴリ:  蛭綱 Hirudinoidea 

   ヒルの一種

IMG_2040_m.jpg

IMG_2041_m.jpg

2015.1 神奈川県

一反木綿がゆらゆらすいーっとうごめく中、このヒルもそこかしこで揺らめいていた。

明後日から2週間ほど北陸の地へ。土日も滞在したままなのですが、どこで遊ぼうか思案中...

2015.02.22     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   ついてないかなぁ

IMG_2619.jpg

IMG_2622.jpg


Association of pseudoscorpions with different types of bird nests (Jana Christophoryová et al., 2011) という論文を読みたいのですが、重い腰をあげてそろそろ連絡を試みてみようか...

2015.02.16     カテゴリ:  蜘形鋼 Arachnida 

   アオオビハエトリ

P6106404_n.jpg

2012.6 茨城県

2015.02.15     カテゴリ: カニムシ目 Pseudoscorpionidaヤドリカニムシ科 Chernetidae 

   オオヤドリカニムシ

IMG_2806_nn_20150215142210f97.jpg

Megachernes ryugadensis
2015.2 関東某所

日本では最大級のカニムシで体長5mmほど。
イソカニムシも巨大ではありますが、腕が太くてがたいが良いためよりでかく見えます。

写真は今月ネット上で知り合った方より頂いた個体。
いつもは哺乳類の調査時に毛を挟んでぶら下がっているのを採集しているため、毎回採れても1~2匹ほどなのですが、
なんとその方の家にはうじゃうじゃと本種が溜まっている"ある場所"があり、話を聞いて驚愕しました。

ネズミの古巣を利用して地下に営巣することで知られるマルハナバチの巣からも得られており (Morikawa, 1960)、普通は滅多に見つからない珍種。
リター等のシフティングや洞窟内での記録もあり、いろいろと解き明かしたいことが多い種です。


IMG_2817_n.jpg

IMG_2825_m.jpg

IMG_2827_m.jpg

IMG_2848_m.jpg

頭部のアップ。ここまで巨大なカニムシで無眼だと、何か鎧のような雰囲気さえ醸し出しています。

2015.02.15     カテゴリ:  腹足綱 Gastropoda 

   ヒダリマキゴマガイ

IMG_6194_nn.jpg

IMG_6188_n.jpg

Palaina pusilla
2014.9 青森県

意外とそこら辺でも見つかる微小陸貝。殻高は2mmほどで北海道から九州まで分布。原色日本陸産貝類図鑑より。


職場で『日本産土壌動物 第二版: 分類のための図解検索』を購入できることになったので来週届く予定。
とても楽しみです。

2015.02.11     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   モコ

IMG_1344_n.jpg

自分とは1日違いで生まれてきたモコ。(2/2 生まれ)
先週で12歳になりました。

IMG_1349_n.jpg

IMG_1351_n.jpg

IMG_1329.jpg

岩手の山奥でノーリードで走らせた時は今まで見たことがないくらいに楽しそうにはしゃいでいました。

そのすぐ横の沢で撮影したウズムシの一種→記事

2015.02.09     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   ヤマドリ

P3150423_n.jpg

2014.3 岩手県

いつも出会うことは出会うけど、だいたいどどどどどどどどーっ!と飛んでいく後姿ばかりで撮影できませんが、この時はカニムシを採集していたら近くにいたので、しゃがみながらそっと近づいて撮影できました。懐かしいフォーサーズの40-150mmで。

2015.02.09     カテゴリ:  倍脚綱 Diplopoda 

   タマヤスデ属の一種

P5142041_n.jpg

Hyleoglomeris sp.
2014.5

タマヤスデは日本においてはタマヤスデ科タマヤスデ属のみが知られ、一科一属となっており、10種が知られている(日本産土壌動物―分類のための図解検索より)。
種までの検索など文献を知らないので、これは今月出る日本産土壌動物 第2版で落とせるようになっていると有難い。

P5142036_n.jpg



プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム