全1ページ

2015.10.30     カテゴリ:  蜘形鋼 Arachnida 

   カワベコモリグモ

IMG_1594_k.jpg

Arctosa kawabe ♂成体
2015.9 岩手県

標高1400mほどの湿地帯にて。

IMG_0650_n.jpg

IMG_1603_nn.jpg


スポンサーサイト

2015.10.11     カテゴリ:  倍脚綱 Diplopoda 

   ミコシヤスデ科の一種

IMG_2629_n.jpg

2015.9 岩手県

倒木の下にあった糸で作られた繭。
その中にはツムギヤスデ目のミコシヤスデ科の一種が入っていました。
日本産土壌動物第2版には特に目ぼしい記述は無かったものの、ツムギヤスデ目という名前にあるように出糸腺があるのだろうか。

倒木や石下、樹皮下にはまだ不明な繭があるが、あれらはまだよく分からないまま課題として残っている。

IMG_2632_n.jpg

IMG_2657_n.jpg

3対の大剛棘毛があるのが大きな特徴。

IMG_2662_n.jpg

昨日1週間現場から帰ってきて、明日からまた1週間。その翌週もそのまた翌週も。
岩手の生き物を同定するのはまだまだ先になりそうです。

2015.10.03     カテゴリ:  植物 Plantae 

   モウセンゴケ

IMG_0651.jpg

IMG_1545_n.jpg

IMG_1553_n.jpg

IMG_1578_n.jpg

P1015138_n.jpg

2015.9 岩手県

こんなとこで撮影しておりました。
すぐ後ろにはこのような池がありオオミズスマシ?がかなりたくさんいましたが、望遠マクロは持ち合わせていなかったので撮影できず。

IMG_0662_n.jpg

2015.10.01     カテゴリ:  風景 landscape 

   

IMG_0970_n.jpg

2015.9 岩手県

ブナ・ナラ・サワグルミ・ケヤキ・トチノキなどが生える天然林。
ほとんどの石の表面が苔で覆われており、あまりにも美しい景色でした。
沢にはなだらかな支流がいくつも流れ込み、落差20mほどの大きな滝もありました。

人は普段からほとんどおらず、様々な理由で開発される心配も無いであろう場所なので、今後何度も足を運びたいと思っています。


IMG_1164_n.jpg

シダ植物や広葉樹の稚樹などの下にはホコリタケが並んでいました。
このあとジムグリが這って行ったり…

ツヤカニムシやミヤマツチトリモチとも久々に出会えました。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム