全1ページ

2016.09.15     カテゴリ:  鳥綱 Aves 

   タンチョウ

IMG_4431_r.jpg

IMG_4640_r.jpg

IMG_4826_r.jpg

2016.8 北海道

タンチョウの事を何も調べずに海岸近くを車で走っていたら、いきなり視界に入ってきた巨大で白くて頭が赤い鳥。
これがタンチョウか…なんて小学生のような感想を胸に抱きました。
スポンサーサイト

2016.09.05     カテゴリ:  ザトウムシ目 Opiliones 

   ウデブトザトウムシとマザトウムシ

IMG_5154_r.jpg

ウデブトザトウムシ Homolophus arcticus (左2個体)

今現在の詳しい記録が不明ですが、北海道北部や国後島などで記録があるようです(TSURUSAKI, 1987)
和名の通り、脚が太く体長も1cm弱ある大型のザトウムシ。昼間の探索でしたので漂着物の下などで確認。
武骨でとても格好良いザトウムシです。

マザトウムシ♀ Phalangium opilio (右の個体)

かなりの広域分布で有名なマザトウムシですが、国内では北海道で確認されているようです(他県で確認されているのかは要確認)。
この種は雄の顎が特に特徴的ですが、諸事情により雌の写真。



IMG_4208_n.jpg

ちなみに今回の遠征はずっと雨と風が強く、特に風が厄介だった。目的のカニムシは見つけたものの風で飛ばされてしまい撮影した写真を見返すとたった2枚しかピントのあった写真しかなかった。そのあと血眼になって探したのですが見つからず…
そして集中力をかき乱してきたのがウデブトザトウムシと共に写っているこの蚊。
実際には何種かいたのかもしれない。
とにかくでかいし数が凄い。全身をカッパでガードし、フードも被り、ディート12%入りの虫よけを塗ったくってもくるわくるわ…
常時100個体以上(ほんとにその位いた)に付きまとわれ、ザトウムシやカニムシを撮影しようと地面に顔を近づけようものなら目に入るわ鼻に入るわあちこち超刺してくるわでこれほどしんどいと思ったのは初めてだった。ちょっと手をおけばすぐに数十個体が手を刺してくる。
ただ、体質のおかげか痒さは全くなく、ただただうっとうしいだけだった。
もしかしたら良い湿地や干潟などに多いのかもしれませんが、それなりの対策をしないと本当に痛い目をみそうです(観光で行くようなところにはほとんどいなかったのでご安心を。少なくとも今回訪れたところでは、の話)。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム