全1ページ

2018.01.22     カテゴリ: カニムシ目 Pseudoscorpionidaコケカニムシ科 Neobisiidae 

   オオコケカニムシ

IMG_5106_r.jpg

Parobisium magnum
2017.12 和歌山

照葉樹林帯に生息する国内最大クラスの種で、この個体で7mm超もあります。
初めて見る人はかなり驚くかと思います。

コケカニムシ科のカギカニムシとは違って枝状に伸びる紡績腺はなく、瘤状になっています。
触肢腿節が長いですが、ブナ帯~亜高山帯にはアナガミコケカニムシというもう少し触肢腿節が細長い種がいます。

70DにKenko36mmチューブとLaowa60mmを付けて撮影。いろいろと噛み合ったときはほんとに気持ちの良いレンズです。
特に単体で使用した際にはかなりえぐい解像度に驚愕します。弱点もいくつかありますが、そこは使い方を工夫すればなんとでもなるのであと1本予備で欲しいくらいです。


スポンサーサイト

2018.01.05     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   明けましておめでとうございます。

IMG_4681_r.jpg

2017.12 和歌山県

昨年は精力的に撮影していた土壌動物について、いろんな方からお声がけいただき今までの撮影が実を結び始めた年となりました。
ただでさえ少ない給料を全て遠征や機材に注ぎ込み、妻にはものすごい苦労を掛けました…
今年も引き続きこの道を突き進んでいきたいと思います。

とりあえず今年は来月行われるトウキョウサンショウウオシンポジウムでスライド発表を行います。
プログラム等はこちら→
第5回シンポプログラム
餌動物として見たときの土壌動物を中心に写真をスライドで発表する予定です。
元々両爬屋だったこともあり、サンショウウオの立場?になって構成を考えています。
お時間のある方はぜひ。

写真は今まで探しててなかなか見つからなかった生き物の巣。
分かる人はすぐに分かるかと思いますが、初めは土の塊なだけだと思っていました。

まったり更新になってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム