2014.06.16     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   地上に舞い降りた天使

約1か月ぶりのフィールドでした。
青森県のこの場所は1年越しに楽しみにしていた場所だったのですが、前日の夜になって少し雨が降る予報に変わったと思っていたらなんと土砂降り+強風という最悪の天気でした。

この時期の東北だとまだ体が小さく、一粒の水滴でさえ死んでしまいかねないマメザトウムシですが、こういう天気の日はどういう風に活動しているのか気になるところではありました。

林内に入ると直接雨はかからないものの、風で上から大粒の水滴がボタボタ垂れてきていてこれは厳しいかなぁと思いましたが、探してみると意外と普通に活動しておりました。


P6142113.jpg

マメザトウムシ Caddo agilis
2014.6 青森県

リター層にいたマメザトウムシ。口元に0.2mmくらいのマルトビムシがついていますが、スルーされてしまいました。


P6142088.jpg

ブナの根元を歩いていた個体。

P6142102.jpg

トチノキの樹表面にいた個体。
びっちゃびちゃに濡れているところには流石にほとんどいませんでしたが、雨が伝ってきていないところに結構いました。


P6152313.jpg

標高を下げるとだいぶ大きくなっている個体も。

撮影が終わると愛しのE-30がびしょ濡れになってしまっていました。
にしてもボディもレンズも結構下に落としてしまっているけど頑丈だなぁ。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム