2014.09.21     カテゴリ:  蜘形鋼 Arachnida 

   イソコモリグモ

IMG_7498_n.jpg

Lycosa ishikariana
2014.9 青森県


同行していた友人に探し方を教えてもらって見つけた個体。

日本ではコモリグモ科最大種で、メスだと体長2cmを超す馬鹿でかいコモリグモです。
今回は生きている成体には出会えず、ほとんどが体長1cmほどの大きさでした。


IMG_7517_n.jpg

砂浜のような淡い色合いで美しいですが、これが遠目に探すと結構すぐ見失いやすく、下の写真でもそこに写っている、ということが分からないとなかなか見つかりません。昼間は基本的に表に出てきませんが、歩いているときに日蔭があるとすぐに日陰に入り、そこで静止します(4枚目)。

IMG_7555.jpg

IMG_7548.jpg

体を砂にぴたっと落とした状態。この状態では触ってもすぐには逃げようとしないことが多いです。

初めて図鑑で見てから凄く憧れていた種だったので同行して教えてくれた友人に感謝です。



IMG_7232_n.jpg

イソコモリグモの獲物にもなるヒゲナガハマトビムシ。こちらも砂浜のような色合いでとても美しいですが、これが全く落着きなくピョコピョコと跳ねたり歩きまわったりするので撮影が結構大変です。
が、よく観察していると撮りやすいタイミングがあるのでそこを狙うと容易に撮影できます。

IMG_7256_n.jpg

ちなみにこの2枚の写真は夜に撮影したのですが、昼間だと濡れたところから濡れていない部分の砂浜にジャンプした瞬間にワープします。まじで見えなくなるので機会があれば見てみてください。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム