2014.09.26     カテゴリ: カニムシ目 Pseudoscorpionidaイソカニムシ科 Garypidae 

   イソカニムシ

IMG_7089_n.jpg

保育中のイソカニムシ。
その特殊な保育様式を生で観察したくて採集したのですが、残念がら持って帰る途中で放棄させてしまったようだ。
申し訳ない...
次は飼育下で繁殖までもっていけたらなと思う。幸い、簡単に飼育できる例の方法で今のところ飼育中のイソカニムシは皆お腹が膨れているので順調に食べているものと思う。
これだけ現場仕事が多くて家にいないと飼育管理がおろそかになってしまうがこれなら大丈夫そう。

問題は子に与えるための養分をこれで賄えるのかどうか。


IMG_7094_n.jpg

もう少し胚発生の進んだ状態。眼や脚が形成され始めている。こちらはイソカニムシの飼育容器とは別に管理。
2個体目で気づいたのですが、第4歩脚で横を支えて第3歩脚で腹部を持ち上げているのですね(もちろん腹部そよものも持ち上げている)。
知人が上げていたツチカニムシの1種では歩脚では支えておらず腹部をそのまま上に持ち上げて抱卵している様子だった。ステージにもよるのだろうか。
うーん、やはり経過を観察してみたい...


IMG_7098_n.jpg


IMG_7078_n.jpg

恐らく脱皮後と思われる個体。すぐに元の体色に戻ると思うけど渋格好良い。

2014.9 青森県(全て)
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~相方のOlympus E-620
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D

・レンズ
EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS
EF-S 60mm F2.8 マクロ USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM
EF 50mm F1.8 Ⅱ

2灯~5灯くらいで撮影してます。



QRコード
QRコード
検索フォーム