2014.10.26     カテゴリ:  軟甲綱 Malacostraca 

   ヒゲナガハマトビムシ

IMG_7256_n_201410261527088b7.jpg

Talorchestia brito
2014.9 岩手県

海岸の潮間帯に棲むハマトビムシ科の1種。

半円形の眼で、幅が頭長の50%以上ある。
2㎝以上ある個体が多く、結構大きい。

が、実際夜間に高潮帯でライト片手に撮ろうとすると体色と砂浜がかなり似ているため錯覚を起こすことと、動きがかなり素早く体をバネにしてよく跳ぶため一つの個体を追うのが大変。日中はさらに厳しくて、遠目で見ていると跳んだ時に瞬間的に消えるように見えるほど。



IMG_7233_n.jpg

月明りでじーっと間近で見ていると、こうして穴の中に体を突っ込んで何かをしているのだけど、何か食べているのだろうか...
ライトを当てるとしっちゃかめっちゃかに動いて撮りづらいことこの上無い。
IMG_7234_n.jpg

そしてまたスポッと体を抜いて出てくる。


IMG_7232_n_201410261527026db.jpg

このように綺麗な淡い色合いの個体もいる。

IMG_7250_n.jpg

1cm弱くらいの個体
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム