2015.04.29     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   踊子跳虫

IMG_0508_n.jpg

オドリコトビムシ属の一種  Sminthurides sp.
2015.4 東京都

去年の12月初旬に初めて見たオドリコトビムシ。記事→
水面上のワルツ

知人から聞くと、春(早春?)になると最盛期を迎えるらしいとのことで見に行ってきました。

すると水面や水際の石上、ひたひたに浸かっている落ち葉の上など至る所にかなり数がいました。
もちろん繁殖行動を行っているペアも多く、どれを撮ろうか悩むくらい。


体長は♀で0.6mm、♂で0.3mmと極小のトビムシです。もちろん完全に体長が決まっている訳ではないので結構サイズはバラバラです。成長度にもよるものとは思います。

IMG_0333_n.jpg

逆光を当てると半透明な体が透き通るように写りほんとに美しいです。

IMG_0286_n.jpg

また、ペアになれていない雄がペアを邪魔しようとして割って入ろうとしたり、どの世界も厳しいですね。

IMG_0344_n.jpg

トウキョウサンショウウオの卵嚢の上で後肢で背中を掻く♀個体。

IMG_0412_n.jpg

同じく♀。

IMG_0273_n.jpg

広葉樹の葉の上にいた♂。0.3mmはほんとに小さいです...

今週前半の真夏のような暑さとは打って変わって春らしい陽気に春らしい光景。のどかな一日でした。
これから毎年の恒例行事になりそうです。



撮影風景

P4293950.jpg
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
昨日フィールドで、タモを右脇に引っ提げてた者です。
装備や風貌が似ているので、もしや・・・と思っていたのですが。
ちゃんと言葉を交わせばと後悔中・・・(;´Д`)
ブログ、愛読させて頂いております。
橋を辺りのところでご挨拶した方ですよね?
ブログを見て下さっているとのこと、ありがとうございます。
あそこは一番思い入れがあるフィールドなのでよく通っております。
こんな僕で宜しければまたお会いした際にはぜひお声かけ下さいませ。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメ様

お褒め頂きありがとうございます。これからも彼らの生活を垣間見つつ、いろんな姿を撮影したいと思います。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム