2015.06.13     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   マメザトウムシ成体出始め。

IMG_5334_n.jpg

IMG_5322_n.jpg

湿度の高いブナ林でも、尾根部の乾燥したアカマツ林でも見つかるマメザトウムシ。
どこにでもいるけど、そこまでどこにでもいるわけではなく、探すところは選ばなければ見つけることができません。
少なくとも関東から東北では、傾向がつかめたら後はどこでも見つかると思います。

ただ、関東では低地ではまだ見たことがなく、東北に行くと低地でもまあまあ生息しています。
地元の盛岡では標高150mくらいのところにもいました。
北海道では低地の森林にも普通に生息しているようです(Nobuo Tsurusaki 2003) 。

これらを考慮すると、九州ではそれなりに標高のあるところまで登らないと生息していないのだろうか。。
関西~九州は正直全然分かりません。


Nobuo Tsurusaki (2003). Phenology and biology of harvestmen in and near Sapporo, Hokkaido, Japan, with some taxonomical notes on Nelima suzukii n. sp. and allies (Arachnida: Opiliones). Acta Arachnologica Vol. 52 (2003) No. 1 P 5-24.


Convergeの6th「You Fail Me」より、イントロからして強烈な曲。このアルバムと5th「Jane Doe」は高校生の頃から耳が腐るほど聞いてきたけど、今聞いてもほんとに格好良い。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム