2015.07.06     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   セミ生冬虫夏草

IMG_6834_r_20150706204918d16.jpg

ツブノセミタケ(未顕鏡)

同行のキノコ屋さんが発見。
森の中で突如しゃがんだので、何だ?と思ったら見つけておられた。

地中から発生していたわけではなく、地表にそのまま横たわっていたそう。

ツクツクボウシタケはよく見るけど、それ以外のセミ生冬虫夏草には縁がなかったのでとても嬉しい。
渋い。

冬虫夏草生態図鑑によると、5年も成長した記録があるとか。

IMG_6842_r.jpg

IMG_6776_r_20150706204921f0b.jpg
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ツブノセミタケはもちろん写真も渋くきまっててかっこいいですね。
目から柄にかけて段々となっているとこに魅かれます。
やはり地表にでていたからその辺からも結実部ができているのでしょうか。
私もツクツクボウシタケしか見たことがないので今年こそは違うセミタケを見つけたいです。
ありがとうございます。
結構雨が降っていて林内がかなり暗かったのでストロボを4つくらい使ってます。

子実体はたぶんそうだと思いますが、この状態であったので本当に初めから地表にあったのか、動物など何かしらの要因で表に出てきてしまったのかは謎なのではっきりとは言えません。

セミタケ良いですよね。神社などいろいろ探し回っているんですがなかなか見つかりませぬ。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム