2015.08.12     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   コウモリバエ科の一種

IMGP0900.jpg

コキクガシラコウモリ Rhinolophus cornutus の左翼に付いていたコウモリバエ科の一種。
兵庫のYさんによれば、宿主より恐らくカノウコウモリバエとのこと。
リンク先のAntroomさんにマクロの画像を見せて頂くと、これがなかなか格好良かった。
コウモリバエ科は琥珀に閉じ込められているものも見つかっているようです。

生態を調べてみても完全に寄生に特化していて、血を吸わせて育ててみたいと思いつつ、人間の血で飼育できるのか分からないし、
何より他のもろもろが怖くてできない。

今回は飛翔写真を撮影してたらたまたま寄生している個体を撮影することができました。
が、以前から見たいと思っていたグループなのでやはりマクロで撮りたいと思うジークでした。
残るもう二つも見てみたい。一つは海外のとんでもないやつ。

PentaxのWG-3で撮影。手を伸ばして撮影しているので画面を見れないためフレーミングが厳しい…
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム