2015.08.14     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   麗しのマメザトウムシ

IMG_5300_n.jpg

Caddo agilis
2015.6 山梨

世界で一番マメザトウムシの写真を掲載しているであろうIMですが、構わずアップします。
前回の記事でちらっとお見せした脱皮をする場所の写真。
ピンポイントだとこんな感じの環境でした。

まさに狙い通りの場所で脱皮していたわけですが、結局このあとマメザトウムシを探しに行く時間を確保できず。
また何個か課題を残して持ち越しとなりました。去年に比べればだいぶ大きなステップを踏めた気がします。

IMG_5269_n.jpg

こちらが脱皮して少なくとも数時間以内のマメザトウムシ。
脱皮して暫くしないと脚の色は黒く(というか褐色)ならないようです。


IMG_5116_n.jpg

そんなマメザトウムシですが、書籍に一点写真を提供しました。
早川いくをさんのシリーズでへんな生きもの へんな生きざまという新刊に掲載されています。
帯にも写真を使っていただきました。



ところで博物ふぇすてぃばるの会場ではCraft Factory Shovel Headさんがすんばらしい作品たちを展示販売しておりまして、イベント開場前に名刺交換をさせて頂いたのですが、今日会社から帰ってきたら葉書が届いていました。
そして裏面を見るとあの超欲しかったカニムシのやつが…

どうやら渋谷東急ハンズでやっている
渋谷オーシャンというイベントにも出展されているようです。
興味のある方はいかれてみてはいかがでしょうか。
作品はCraft Factory Shovel Headで画像検索するとたくさん画像が出てきます。
実物を見ると絶対欲しくなってしまう。。


あと、あまへそさんこと、あまのじゃくとへそまがりさんが制作されていた新作のウモウダニのバッグもこれ以上なく素敵な作品でした。
photo1_2015081420030110d.jpg


何気にイソカニムシもかなりクオリティが高かった。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム