2015.12.23     カテゴリ:  日々 ordinary days 

   Venus Opticsのツインフラッシュの使用感(12/27追記あり)

IMG_4698.jpg

Venus Opticsから発売されたKX-800というツインフラッシュ(リンク)。

中央のアームは補助光で、十字キー的なボタンの上下で光量調整でき、マクロ撮影するには申し分ない明るさで光ります。
(ただし、ファインダーがかなり暗くなってしまう超高倍率マクロではどの程度明るく見えるのか不明)
個体差かもしれませんが、補助光は撮影と同時に一定時間光らなくなります。

また左右のストロボはL、Rの+ -ボタンで簡単に調整でき、アームも結構長いので逆光としても使用可能かと。
(ただし、ベローズを使用する場合やテレコン、セッシャリング、MP-E 65mmの組み合わせなどトータルのレンズの長さが結構ある場合は厳しいかも)
フル発光時にはチャージに結構時間がかかり、オーバーヒートしそうになると自動的にロックがかかって光らないようになっています。

心配していたアームの強度ですが、これは一か月ちょっと使用しただけでは分かりません。
ただ、思っていたよりかは丈夫な印象。

と、書きましたが、友人が購入したばかりのこのストロボを弄っていたところ、ストロボのアーム部分に早速ヒビが入ってその部分が抜けてしまい、元に戻せなくなってしまいました。断線まではしなかったようなのですがこういうこともあるようです。12/27追記


IMG_4699.jpg

今まではメインのストロボ1つ + デュアルアーム + 小型ストロボ2つというだいぶ重たいセットだったので、相当軽くなりました。
また広角撮影時のライティングがかなりし易くなったのも有難いです。
マクロ撮影や広角撮影には特に威力を発揮できるこのストロボ、送料込みでも32,000円くらい。
注文してから日数がかかる人、かからない人いろいろいるようですが、僕のところには1週間ちょっとで届きました。

あとはツインフラッシュで防滴が出れば最高に嬉しいのですが、そこら辺はまだ難しいのでしょうかね。。
今まで使ってたストロボは雨天時や湿度が極めて高い時に使うと暴発しまくって全く使えませんでした。

ちょっとだけ使ってみた作例↓

IMG_3726_n.jpg

ツクツクボウシタケ

オドリコトビムシ
これはすぐ下の記事ですが…
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム