2016.01.14     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   ケシトビムシ

IMG_6380r.jpg

Megalothorax minimus
2016.1 東京都

トビムシの中でも最小クラスの種。
成体で体長0.4mmほどでヌルヌル動く。

オドリコトビムシと違って環境を絞りきれないが、土に埋まっている石やリター層の深部などにいるようです。
今回は落ち葉にいた個体はすぐにロストしてしまって、石の裏で発見。
体色が明るいのでいれば気づきますが、結構動くためファインダーに入れるのが少し難しい。

ミジントビムシ科は眼が無く、触角が頭長より短いことですぐに区別できるとのこと。

直前にガロアムシを逆光で撮影しており、ボディにつけてるストロボの光量を弱くし過ぎていたためRAWで無理やり持ち上げました苦笑
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム