2017.04.04     カテゴリ: ザトウムシ目 Opilionesマメザトウムシ科 Caddidae 

   マメザトウムシが出てくるまでもう少し

IMG_5139_rr.jpg

クリックすると拡大されます。

Caddo agilis
2015.6 山梨県

梅雨になり、大きくなったマメザトウムシがどんな獲物を捕食しているのか知りたくなった。
林床から樹表面へと活動の場を移し、そこからあまり他の木へは移動しないため(この時期での個人的経験)、
観察のしやすいブナの大木の近くに腰を下ろして、早朝から晩までひたすら1個体だけを追い続けてみた。
その時のマメザトウムシがこの写真の個体。

自らあちこち歩き回って探すのではなく(大きなスケールで言えば移動しているが)、足元近くに来た獲物を捕らえるのだが、
その時の姿勢の変化や目つきの変わり方がとても凛々しくて、可愛い見た目とは真逆の印象を抱いた。
また、獲物を捕らえる時の俊敏さも他のザトウムシとは一線を画しており、改めてマメザトウムシの魅力に憑りつかれた。
自分の中でのマメザトウムシは他のどの生き物よりも格別な思いがあり、死ぬまで毎年必ず観察に行くと決めている。

初めて見たのが2013年5月尾瀬の近くで、あれから4年が経とうとしている。
今年こそはその決定的なシーンを写真に収めたい。


お知らせ
一部を担当した本がもうすぐ発売となります(ほんとにごく一部ですが…)。
許可が下りましたらこちらでも紹介したいと思います。
写真家として初めての仕事、汗



IMG_5144_r.jpg
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム