2010.05.31     カテゴリ:  未分類 

   ナンブコツブグモ

P1013928logo.jpg 

コツブグモ科コツブグモ属ナンブコツブグモ Mysmenella jobi

2010/5 長野県上水内郡 Olympus E-500

本種は倒木とリターの隙間などで3cm程の球状円網を作るのですが、これが恐ろしいほど美しいのですよ。
基本的に湿度の高い場所にいるので巣には水滴が付き光を当てるとシャンデリアの如く輝くのです。
まあそれがなかなか撮れないんですが(-ω-;)
中心となる場所から四方八方に縦糸を張っていきその縦糸にそれぞれ横糸を張っていくので球状になるのです。

で、和名の「ナンブ」ですが、ナンブジガバチモドキというハチがいるんですね。ジガバチモドキの仲間は30数種知られていてそのどれもが幼虫の餌として蜘蛛を利用するわけです。だいたいの種が複数種のクモを利用するのに対し、発見者でもある南部敏明さんという方がこのハチの生態を調べたところ利用されていた蜘蛛1027頭全てがこのナンブコツブグモったわけです。で、当時(ってか今もかな?)日本最小のクモとして新種記載される際にナンブの名が付けられたそうです。

本種は探すポイントとしては少し鬱蒼としている環境且つ湿度の高い場所で、倒木があったり石垣の隙間がコンクリなどで埋められていなく、下草の狩られていないとこをよく見ることです。自分はまだ未熟なので3回しか見つけられてないですが、師匠は普通にポンポン出すから驚愕する笑

めちゃくちゃ小さくて成体で1mmほどなのでピント合わせがそれなりにきついのですが(おまけに暗いし障害物がいっぱいあって撮りずらい)、予めかなり近くの対象物にピントを合わせてそのまま持ってけばちっちゃいツブが見つかるのでフォーカスの点をそれからずれないようにひたすら頑張ると撮れます。慣れると簡単です。というかコツブグモのちんまい影をファインダーで探す作業が楽しいっす。目は充血しますがw

腹部。
P1013922logo.jpg


ちょい引き気味。
P1013930logo.jpg





ファンタジー!!!


P1013934logo.jpg 


今日はテンションで重たいやつ。


Static-X/I'm the One



Testament/Down for Life


5 Line Legacy/Where's HR
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム