2010.06.24     カテゴリ:  唇脚綱 Chilopoda 

   樹液を貪るトビズムカデ

P1015977.jpg


P1015976.jpg


P1015973.jpg


P1015962.jpg 


オオムカデ科オオムカデ属トビズムカデアオズムカデ

2010/6/23 東京都世田谷区 Olympus E-500

コナラ(かな?笑)の樹液を舐めじゃくってたのでじっくりと超近距離で撮影できましたw

基亜種の S. s. subspinipes いわゆるハブムカデと呼ばれている個体群(果たしてあそこのオオムカデがこの学名でいいのかは分からないけど。分布広すぎだろ...)がいますが、その亜種で日本を初め中国、台湾にも分布しています。あ、アオズムカデS. s. japonica は日本固有種。

沖縄にはハブムカデ S. s. subspinipes 、タイワンオオムカデ S. morsitans 、トビズムカデS. s. mutilansとでかいのが揃ってますが見分けがな...
タイワンオオムカデとは触角の基部の1~6、7節辺りまで滑らかで密毛がないことや最終歩肢(21歩肢)の前腿節、腿節の背面が扁平でふち取りが明瞭である点も違うみたいなので区別できそうですが大きさがマックスでない時のハブムカデとトビズはどうすりゃいいんだろうか。

とりあえず格好いいことに変わりはないので良しとするか。
ムカデは好きだけど正直そこまで燃えたぎるような好きさはないので(あっ、でもペルビアンは一度飼ってみたい。危険なの承知で体這わせたい)ここら辺は誰かが書いて下さるのを待っていよう苦笑

それにしてもこの円らな瞳はなんかタカチホに通ずるものがありますな。正面から見たら思いのほか可愛かったです。

でも実家にいた時の背中を咬まれた一件については絶対に許さない...
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
初めてコメントさせていただきます

これはトビズムカデじゃなくてアオズムカデですね
頭が赤くないのと足先が青くなっているので見分けます
またトビズは15cmほどになります
のぶ様

指摘して頂きありがとうございます。
ずいぶん昔に適当に同定してしまったものがまだ残っていて恥ずかしい限りです。どう見てもトビズではないですね苦笑




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム