2010.09.24     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   カメムシタケ

_1016940.jpg

_1016943.jpg 

カメムシタケ Ophiocordyceps nutans

2010/9 東京都八王子市 Olympus E-500


師匠より蜘蛛関連の仕事を頂いて高尾に行った際見つけたカメムシタケ。
ヤマジグモの巣で観察しやすいのないかなぁと斜面に目をやっていたら目の前にオレンジ色の提灯みたいなのが見えたのであれ、これってカメムシタケだっけ...?
となったので掘ってみると(正確には杉の葉をどけただけ)クサギカメムシ。
ここら辺は冬虫夏草で有名らしく探さずとも目についた。他にもハナサナギタケが見つかった。
両爬だけを探していた時は小さい生き物は目につかなかったのだが蜘蛛を探すようになってからはいろんなものが目に入るようになりフィールドに大きな幅をもたらすこととなった。
ヘビなんかも蛇を探すことに集中していないせいか殺気(?笑)が出ないお陰で逃げられることがなくなり出会いやすくなった気がする。

いわゆる蜘蛛目のいうやつで視界を広く保ちその中に何か気になるものが写ったらそちらに目をやるという方法。
蜘蛛をルッキングで探すときはこれが非常に重要で特に小さいのが多いのでこれができていないと結構見落としがちになってしまう。
もちろん狙わないと見つからないのもありますが。
この目ができると都会などでもちょっとしたとこに目がいくようになり意外なものに出くわしたりする。(パンチラとかじゃないですよ。)

これからは幼虫探しなのでまたこの目が活躍してくれそうです。

ところで、二枚目の写真。凄く卑猥なものに見えてしょうがないのですが、こんなことを言ったら虫草屋さんに怒られてしまうかな...笑
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム