2010.10.19     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   オドリバエの一種

P1013901.jpg


P1013902.jpg


P1013905.jpg


2010/5 長野県水上内郡 OLympus E-500

始めはこれがオドリバエの仲間とはつゆ知らず、面白い蠅だなぁくらいにしか思ってなかったのですが、♂が♀に求愛餌を与えて交尾をすることや♂がその餌を保持しながら群飛することでも知られていることが分かり俄然興味を持った虫。Hilara属では求愛餌を分泌腺から出されたシルクでラップする(Young J. H., Meritt D. J. 2003)ことが確認されているというのも面白い。あとは Plant A. R. 2004 , Preston-Mafham K. G. 1999では柳の種(記載論文中ではそうかかれますが、実際には他にもいろんなものが利用されていそうだ)をラッピングしただけのものや、ラップしただけで中に何も入ってない空の求愛餌を作ることがあると書かれているのも興味深い。

また、富士山麓で新種記載された Empis jaschhoforum で全くの同一種の♂の中で前脚の形態に4型があった(♀では確認されなかったとあります)とされる論文を紹介しているサイトを発見し、余計に気になりました。
記載論文を読んでみると翅のサイズと脚のサイズには相関関係があり、捕食率や交尾成功率に影響してくるのではとの考察があるのだが、これについてはそのサイトの方もおっしゃっているように実際に野外での観察に基づく考察がなされていないためなんとも言えない状態。

http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/early/2010/09/21/rsbl.2010.0726.full#ref-10

去年、今年と撮影は結構してきて一眼の扱いもいくらか慣れてきてあまり時間もかからなくなってきたので、来年はがっつり採集しよう。生態観察も含め。う~ん。面白い。あとはつまみ読みしただけの未消化な文献を読み進めよう。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ああ、オドリバエ。退官されたうちの大ボスの一人(三枝先生)が日本での権威ですよ。
確かこの人が熱く語ってくれるハエの掲示板があったはず。
双翅目談話会の掲示板ですが、見たら書き込みしてる(笑)

そこにこれが貼ってありましたよ。
「オドリバエの絵解き検索」
http://diptera.jp/fly/dl/etoki-empididae.pdf
acraeoidesさん

いつもいつもお世話になっております。

Yさんからその話を聞いて存在は知っていたのですが絵解きが貼ってあるとは...

ワードで検索したらすぐ出てきますね汗
ありがとうございます。

Empisの仲間かなぁと思いますがなかなか採集していないときついですね。写真だけではどうにもこうにも...

退官されてからもネットでそういう活動をされていると僕みたいなネット住人には非常に心強いです笑

といいつつ使いきれてないのが露呈してる今日この頃...




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム