2010.10.23     カテゴリ:  未分類 

   イボカニグモ

_A217540.jpg

_A217541.jpg


カニグモ科イボカニグモ属イボカニグモ Boliscus tuberculatus

2010/10 Olympus E-500

一昨日とはうって変わって、こちらは3.5mm程とかなり小さいです。
本種はその一昨日の記事でも書いた“局地的に多産する傾向のある”クモで見つかる時は複数見つかることが多いようです。やはり全く見かけませんが...
トゲグモと違って環境がいまいちぱっとしないので狙って探しづらいのです。

図鑑やネットで見る限りもっと黒っぽいのかと思っていたのですが写真のように全体的にかなり明るい体色で驚きました。
顕微鏡で外雌器見るとあと一歩(なんとも微妙な感じで)なので幼体ではなく亜成体ということになります。
最終脱皮して成体になれば体色は黒っぽくなるのかもしれませんがそこまで劇的に変わるとは思えないのでそういう個体なのでしょう。

コロコロしていて可愛いので大好きな種です。

あぁ、書くことがにゃい笑

あ、凄い写真を見かけたので紹介します→
Boliscus
分かってはいてもこんなでかいの捕まえられる上に支えられるとこがすげぇ。

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
かわいいwwってか写真のハエとってるやつすごいわw大物狙いすぎーー。
もももぐらさん

このプロポーションに対しての脚の太さが余計にコロコロ感を出して可愛いですよねぇ。

カニグモ何気に力強そうですよね。
souieba
前ネコハエトリがかなりでかいガガンボ捕えてるのを見ましたが、かなり必死に咥えていてこれまた可愛かったですw




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム