2010.11.12     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   落葉茸の一種

_1015842.jpg

ホウライタケ属 Marasmius かな?

2010/9 鹿児島奄美大島 Olympus E-500


落葉から出てくる腐生菌の仲間で非常に小さいですが、落葉分解菌という森の掃除屋さんなのです。同定する気にはなかなかなれませんが笑
顕微鏡を手に入れられたらクモにせよこういった菌類にせよちょこちょこ始めていこうと思っとります。
キノコの中でもこういった繊細なキノコが好きなのでついつい撮ってしまいます。
またこの類のキノコは押し葉にして保存ができるみたいなので今度やってみよう。


さて今日は本日から始まった生きものつながりアート展に後輩の鳥屋の子(あだ名がお父さん、僕もお父さんと呼んでいる)を連れて行ってまいりました。
チョコエッグやその他多数の作品などで著名な松村さんや富士山麓で動植物等の撮影をしている写真家の中川さん、バードカービングの鈴木さんなどの作品が展示されているのですがこれがあまりにも凄いのでただただ圧倒されて帰ってきました。
ポスターにも載っていた松村さんのカワウソは凄まじいものでした。あっちの方の川とかにおいて写真撮ったらニュースになりそう笑
松村さんとはかなり久しぶりにお会いしたのですが、入口のところでリボルテックのギャオスを弄ってました。
偶然会場にいらした長坂さんとも久々にお会いして相変わらずな感じでこんなこと言うと失礼かもしれませんが凄く癒されました笑
Nさんとも久しぶりでしたのでだいぶ話し込んでしまいました。
気になる方は是非行ってみてください。入場無料ですし凄い作品群を間近で見るチャンスですよ♪
ちなみに松村さんの昔の作品(二年前の)も展示してありました。

ちなみに来週あたり相方連れてもう一回行きます笑 何度見てもすさまじい...
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム