2011.04.04     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   モリアオガエル

P1014520.jpg

Rhacophorus arboreus

2010/5 東京都 Olympus E-500


この前のフィールドで久々にシュレの声を聴いて今年もまたそんな季節かぁと。
モリアオはシュレより鈍感な感じで、鳴きやんでも最初に我慢できず?に鳴きだすのがだいたいモリアオ。
その後つられてシュレが鳴いてまた大合唱。でも誰も反応せずに単発で終わることもある。これがなかなか乙な感じでよい。
あの谷に響き渡る声をまた聴きに行くのが楽しみだ。
どぎつい斑紋が出た個体も見てみたいなぁ。

ちなみにこの個体、2~4年まで3年連続で繁殖に参加しているのだけれど会うたびに尽くメスに振られている。
3年の時は追いかけても追いかけてもメスに足蹴にされてて可愛そうだった笑

あちらの世界ではどういう要素が良い男足らしめているんだろうか。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お久しぶりです。

気の早いのが何個体か鳴いている感じでしたねぇ。
そちらももうすぐ鳴き始めるのではないでしょうか^^

モリアオ、相変わらずですね笑
そちらでの季節のお便りもまた楽しみにしていますね。

それでは。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム