2011.04.06     カテゴリ:  未分類 

   ウロコアシナガグモ

asdfg.jpg

ウロコアシナガグモ♂(亜成体?) Tetragnatha squamata

2011/4 近所の公園 Olympus E-510

E-510での撮影確認のため、夜小一時間ほど公園へ。夜の公園は普段は外灯だけが煌々と木々や芝生を照らしていてとても静かな雰囲気なのですが、昨日は花見をしている大学生やなんかが結構いて些か賑やかだった。

そんな様子を横目に流し、いつもウロコアシナガが大量に網を張っている場所に行く。成体になってしまうと腹部背側に赤斑が出るので、大理石のような透明感・艶のある美しい緑色が好きな自分には惜しいから、いつもこのちょっと早い時期に一度ルーペ片手に見に行っているのである。膨らみかけた触肢の部分もまた綺麗だから、これは♂幼体の特権なのだ。

ここではエゾは見てないからたぶんウロコだと思うけど念のため液沈にしとこう。まだ図鑑を買えそうにないから。。あとちょっと。


明日はちょっと裏高尾付近へ行ってまいります。

P.S. 先日新四年生に混じって(後に新二年生と判明)健康診断を受けに大学へ行ったのですが、受付の時間までちょっと余裕があったので図書館で自分のブログを見てみることに。
今は相方のノートPCを借りているので、以前のPCのモニタとは色合いがちょっと違うので確認したかったのです。
で、見てみたら全体的にコントラスト強めになっていて、赤みがかかってる感じになってしまっていました。
このノートPCで見るとちょうど良くても他のだと結構違うものですね汗
早く工事したい。。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
実は結構好きなんですよこいつ。透明感のある蜘蛛が好きなのです。
もぐらさん

お手軽に見られますし良いですよね。
透明感のある蜘蛛としてギボシヒメグモとカノウハエトリはなんとかしてリベンジしたいと思っております。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム