2011.06.23     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   奥歯!

06195611.jpg

肉眼でも薄らとそれらしくは見えましたが、マクロで撮ってみると見事なまでに奥歯でした笑
粘菌の良い図鑑が図書館に無かったので同定が厳しいのですが、フクロホコリの仲間とかでしょうか。

こんな綺麗な歯だったら物が詰まること無いのに自分の奥歯ときたら・・・



06195613.jpg

ところ代わって可愛らしいやつ。表面はツルツルという訳でもなくちょっと凹凸があってザラついています。


06195626.jpg

こちらは恐らくエツキケホコリ。変形菌というのは思っているより早いスピードで変形体→子実体形成に至るので、上の写真の状態でも数時間後には下の写真のように変化します。段階的に変わっていく様子もちょっと分かりますね。



06195852.jpg

そういう性質上同定が大変なんですけどね苦笑
見ていて飽きない生き物です。



そういえば粘菌専食のセスジムシ科というグループも見てみたいなぁ。。
落ち葉にでろーんと拡がったススホコリを舐めるようにして食べたり、柄のあるグループをカジカジしたりしてるんだろうか。気になる。

2011/6 東京都 Olympus E-510
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
粘菌はいつもタイミング悪くて古くなりすぎたのばかりなんだよなぁ…新鮮なのいいなぁ~。
おひさ。ブログの写真たのしくみてまっせー。
粘菌いいよねー。梅雨時のたのしみ。身ぢかだし。
傘さして公園をうろついた覚えが...(笑)
もぐらさん

楽しいのはコンディションの良い日中ですしねぇ。。
ピッチピチでしたよ!


に@Hanoiさん

お久しぶりです!
ブログありがとうごぜぇます。

この時期は見たいのがいっぱいあって暇がありませぬw
ツヤツヤの粘菌見つけると嬉しいですもんねぇ。
雨降ってる最中はまだ探したこと無いのですがなかなかそれも面白そうなのでやってみやす。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム