2011.06.28     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   駅に居た虫。

リンク先のもぐらさんとのフィールドを終えた後(お世話になりましたー!)、Roccoと待ち合わせをするために駅で待機していたのですが、到着まで約3時間。
丁度暇つぶしにはもってこいだったので、夜にホームの外灯にワラワラときていた虫たちを撮影するために無人駅を数駅乗り継いだ。

最初に見かけたのは壁の下にペターと貼り付いていたヘビトンボ。トンボと名はついてもカゲロウの仲間で、しっとりと翅に入る淡い黄色や何よりその大きさの割に可愛い顔が好きで昔から好きな生きものです。とは言っても最初は怖くて触れませんでしたがw
おもむろに手に乗っけると、すぐに翅をパタパタとし始めて飛ぼうとするのでその都度翅に触れて飛ばせないようにしては腕やら顔やらを這わせていた。お客がいないからこそのこの遊び笑



06266307 - コピー


また今回初めて知ったのですがヘビトンボって樹液にも来るんですねぇ。一生懸命樹液をガシガシ舐めていてなんと愛らしいのだろうと感激してました。

06255982.jpg

虫が必死に何かを食べていたり舐めているのを見るのは密かに至福の時間だったりします。


ヘビトンボこねくり回した後、近くの草むらを傘でパッパパッパしていると一匹のイトトンボがふわっと舞い上がりました。気温も低く、あまり飛べずに葉上に着地したので近くで見てみると憂鬱な表情を浮かべるモノサシトンボの♀でした。最近オゼイトトンボを見ていたのでその華奢さと比べると随分大きく見えますが、その後にカワトンボを見ると凶悪に見えてきてしまいます笑


06266321.jpg


06266316.jpg

イトトンボの可愛さにうっとりした後はちょっとだけ駅を出てまた外灯辺りをぐるぐる。
向こう側から西日が差しこんできて葉が透けて見えたのに気付くと同時に蛾の形をした影がポツリとあった。


裏返してみると縁の赤い斑がおしゃんてぃなアカアシアオシャクでした。


06266346.jpg

こうしているうちにいつの間にか時間が近づいてきたので奥多摩駅の方へと移動して合流、成果を話し合いながら帰路につくのでした。。


2011/6 東京都 Olympus E-510

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ヘビトンボいいですね!
そうなんですよ。あいつらあんな凶悪な口なのに甘いもの大好きなんです(笑)
以前飼育してた(短期)時は、蜂蜜や砂糖水を麺に染み込ませた与えたり
かっけーさん

ヘビトンボは正義!
甘いものが好きと分かったので次は指チュパ作戦で愛でようかと思います笑
ヘビトンボだらけでしたね駅も樹液の場所もww
もぐらさん

こちらにも分けて欲しいですw




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム