2011.07.09     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   あっちからも、こっちからも。

さて梅雨も終わりの時期に近付いてまりました。つまりは冬虫夏草が成熟してくる時期でもあります。

5月のまだ梅雨入りしてない頃に、オサムシタケの発生しそうなポイントで翅の間から未成熟な子実体が出ていたのを見て、昨日ちょっと行ってみたところ、目論見通り結構あちらこちらで発生しているのをRoccoが見つけてくれました。


まずこちらは顔から。

07086553.jpg

目が白濁することでも何かこうシックで上品な感じに見えます。口に付いた土の表面に苔が生えているのもまたいいですね。


こちらはうって変わって有られもない姿で斜面にダイブしているように見えるオサムシタケ。

07086479.jpg

子実体がお尻からわさーっとしてるのが可愛いw

生息環境はこんな感じ。

07086488.jpg


そんでもってこれ。これはオサムシタケの幼虫から発生しているもの。
07086447.jpg


環境はこんな感じ。
07086491.jpg


ちょっと掘り出してちょっっっとだけクリーニングしてみるとそれっぽい形が出てきました。
07086501.jpg

まだきちんとしたクリーニングはこれからですが、ちゃんと見える形になったら格好良さそうだ。

Tilachlidiopsis nigra

2011/7 東京都 Olympus E-510
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム