2011.08.06     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   怖いもの見たさ、な顔

昨日はタマムシを探そう!ということでお気に入りの谷戸に行っておりました。

当初心配していた天気は僕が寝ている間かなり降っていたものの、出発する時間には晴れ渡っていてすっかり真夏日のよう。ずっと寒い日が続いていたので体には堪えたようで、今朝起きたら凄く体が重かったです笑

現地ではバス停の前で迎えてくれた卑猥なクモタケやあちこちから子実体を出しているオサムシタケなど冬虫夏草は相変わらず盛況でした。

でも肝心のタマムシは愚か、虫の姿をあまり見かけません。大量の蚊を除いては・・・

ほとんど成果なくとぼとぼと雑木林を歩いていると、日陰になっている笹の葉の上に小さい虫がちょこんと乗っていました。何やら見覚えのある背中、触角、そして角の上にあってどこ見てるのか分からない目。

エゴヒゲナガゾウムシだ!


08057890_filtered.jpg

その存在を知って調べ始めてからずっと思い焦がれていたエゴヒゲが目の前に。こんなに胸が躍ったのは久しぶりかもしれません。
エゴヒゲナガゾウムシは別名ウシヅラヒゲナガゾウムシと言うらしく、なるほど的を得ているし、こちらの方がしっくりくる顔立ちとインパクトだ。


08057914_filtered.jpg

改めて正面から見るとなんとおぞましい顔をしていることか。。
でもそれが良い笑
意味の分からない触角の長さもまた食指が動きますね。

当初いろんなとこでエゴノキを密かに探しまわっていたものの、食痕すら見つからずに半ば諦めかけていたのでこの出会いは言葉には言い尽くせない喜びがあります。

それもつかの間、ファインダー越しに消えたことに気づいた時には無情にもどこかへ飛び去ってしまってました。相方はまだ撮影出来ていなかったので無言のプレッシャー。

ショボショボと帰路につくためバス停へと向かう途中、エゴノキが視界に入りました。
瞬間的に目でぱぱっと探すと・・・


いた!!



08057934_filtered.jpg

まさかこの谷戸の入口にいたとは。。不覚。

実には雌雄揃って一匹ずつ。雌はエゴノキの実に産卵するために顎で齧って開けた穴に腹部を刺しているところでした。
相方も時を同じくして無事発見していたので一安心。右にいるのが雌なのですが、雄と違って角のような突起はありません。この発達した性的二型において、雄は突起の長さが雄間闘争で有利に働くため、体サイズが同じならば突起の長い方が勝つようです。雌はよくあるパターンで先住性が重要なポイントとのこと。

もう今時期はシーズン終盤なようで、食痕はあちこちにあるもののこの場で見つけられたのは計三匹のみでした。
本当ならば、下に落ちてる実の中で成虫になる直前の本種の姿を見てみたかったのですが、今回は諦めました。
でも場所が分かったので来年の課題です。
幼虫が1~数年の間、休眠期間を経てから成虫になるという生活史で、ただ実を持って帰るだけでは成虫になりかけの個体が見られるわけでないので来年見れるかと言われればちょっと不確定ではあります。


08057940_filtered.jpg

正面からでは分かりづらかったかもしれませんが、上から見ると突起の上に眼があることが分かります。


08057969_filtered.jpg

こちらが雌の正面顔。突起がないため普通の顔に見え・・・ないですね笑
雌の方がなんだか現実味があって不気味に感じます。

ヒゲナガゾウムシ科エゴヒゲナガゾウムシ Exechesops leucopis

2011/8 東京都 Olympus E-510

一応雌雄で採集して展足する気でいるのですが、こんな小さい虫を果たして素人の自分が出来るのであろうか・・・笑
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム