2011.08.29     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   have always dreamed of...

08289696.jpg

ヤンマタケ Hymenostilbe odonatae

2011/8 東京都 Olympus E-510


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
おぉ、美しすぎる!!
最近ジークさんの撮る冬虫夏草が素敵ですね。
この前のカメムシタケといい、光の使い方がすごい好みです^^

節の隙間や翅の付け根から溢れるように出ている子実体がとても流動的で、今にもこぼれ落ちそうにも感じます。
個人的には漫画のAKIRAを彷彿させました(読んでいなかったらスイマセン;)。
月光守宮さん

やはり実物は違いました・・
もっと綺麗な朱色をしているのですがなかなか難しいです。
しかしいくらかでも伝われば幸いです!

冬虫夏草はだいたい暗いとこにあるので毎回かなり悩みながら撮るのですが、時間をかける分ファインダーを覗いた時に見える自然光をうまく利用できないかなぁとかあれこれ考えるのが楽しくてやっているのでそう言われると嬉しいっす。

毀れおちそうになりながらもしっかりと上を向いているのが良いですね~。完全に成熟してるらしいのでこれ以上ないものを見ましたw
AKIRAは知ってますが読んだことありませぬー!
もう、ヤンマタケ出ているんですね。
こちらでは、初冬に探しています。
翅の残った個体でしたが、新聞の1面に載せたことがあります。
歳時記としてですが。
871さん

成熟自体は今時期くらいからでしょうか。
冬の方が葉もなく探しやすそうなので今までそうしてきたのですが見つからず、今回の発見は思いがけないものでした。

871さんのあの翅の残った個体はヤンマタケの情報を探してる時に記事を見つけて凄く興奮してましたw

歳時記としてでもヤンマタケが新聞の一面をかざるなんて凄いと思います。なかなか無いですよねぇ。そんなことを載せる新聞。。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム