2012.05.02     カテゴリ:  未分類 

   異教

P4275330.jpg


ツツゲホウグモ Poltys columnaris

外法蜘蛛という名は木の瘤に擬態するための不気味な腹部を髑髏に見立てたのだと思われる。
Spider Map2008によると本州からは東京、滋賀、宮崎で記録があり、基本的には南西諸島に分布する種。

またしても美しいレコード盤を拝むことは叶わなかったが、Roccoが唐突に見つけてくれた。
ゲホウグモと違い頭胸部は全体が透明感のある乳白色~肌色をしており、頭部の一部の毛はあまり多くない。
数少ない写真を見てみると、脛節辺りが地衣類のような緑色を呈しているようで、この個体も美しかった。
何も知らない状態で枝に付いていたら脚の下部が地衣類、それより上が木の瘤に見えるこの巧妙な配色で見過ごしてしまいそうだ。

採集したケースの中で作っていた卵嚢は真っ白で、これもピンクの糸を表面につけるゲホウとは違う特徴。

さて卵嚢どうすべかな。。


P4275342.jpg
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム