2012.05.05     カテゴリ:  蜘形鋼 Arachnida 

   ほっぺた

P4265235 - コピー_R_filtered

シマアカザトウムシ Kilungius insulanus

トカラ列島から沖縄本島にかけて分布している本種。八重山のフタモンアカは見たことが無いのだけど、青木先生の日本産土壌動物の図鑑にはシマアカザトウムシは雄の触肢腿節下面に7~9個の明瞭な棘が一列に並ぶことでニホンアカ、オオアカと区別でき(この2種は本土に分布)、八重山諸島に分布するフタモンアカザトウムシとは頭胸部の前縁に数個の顆粒突起があること(フタモンアカに)で区別できる、とある。で見てみると顆粒突起らしきものは見当たらないし、分布が被らないのでシマアカザトウムシのよう。

アップで見ると眼丘にある棘が可愛らしくてしかもほっぺたみたいなものまである。
これは可愛い。眼も横にぴょこっと出ているし。

朽木周辺やリター上で見つかりますが、樹表面でも時折見つかり、これもRoccoが沖縄南部の森の樹表面で見つけた個体。動くと意外と速い。あくまで意外と。


ちなみにシマアカザトウムシと同じプレートに載っているカブトザトウムシが放つオーラが尋常じゃない笑
見てみたいけど四国のブナ帯の固有種だそうで、愛媛件のRDBで隼絶滅危惧種にも挙げられている。

四国か。。そういえば関東より西って調査とかではなくプライベートでは愛知県までしか行ったことないなぁ。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ザトウムシって意外とカッコいいですよね。
前にブラジルのザトウムシ研究者のHPを見たんですが…
あまりのカッコよさに驚愕しました 笑
TOMBO様

さっきちょっとググってみたらとんでもないのがいきなり出てきて焦ったじゃないですか笑 →http://www.whatsthatbug.com/2008/02/02/chilean-harvestman/

ちなみにそのHP覚えてたりしますか?
なかなかしょ?

HP覚えてますよー
http://ecologia.ib.usp.br/opilio/
ってかお気に入りに登録しちゃってました 笑
Glauco Machadoさんの研究室のHPで、
photo galleryに普通のザトウムシから、すんげぇやつまで揃っておりやす!
TOMBO様

(・・・鼻血

これは良いHPを教えて頂きました。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム