2012.05.08     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   オキナワホソバネカミキリ

P4264830.jpg


P4264835.jpg


Thranius multinotatus okinawensis

夜ヤンバルを歩いていると何かカミキリがいる!と興奮気味のRocco。最近このパターンで良さげな生き物を見つけるパターンが多いのでちょっと期待しながら近付く。
ふおおお!ネキじゃね!?と興奮して撮影し帰って調べてみるも出てこない。
twitterにて意見をお聞きしてみたところ、オキナワホソバネカミキリとのこと。属名のソラニウスの名で親しまれているようだ。ホストはリュウキュウアカメガシワ。

カミキリにはどうもピンと来ない私ですが、こういう系統のカミキリだけは凄く好きです。(相変わらずミーハーです笑)

格好良いなぁ。。






しかしRoccoはなんかのセンサーでも付いてんじゃないのかと疑いたくなるほどよく見つける。不思議だ。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
沖縄満喫してるなぁ!
くそぅ 笑
僕は今年度、飼育実験系に力を入れることにしたので遠出のサンプリングは無し…南の島に行きたかったです 涙

そして渋くて素敵なカミキリですね!
触角の一部だけ黄色く抜けているとことかオシャレ。。。
TOMBO様

地元の方まで仕事で調査に行っておりました汗

沖縄はもう2週間経ちましたが1年前の事のようです苦笑
飼育実験系は大変そうですが、そこでしか出せない成果というのもあるでしょうし頑張って下さい!
とはいえ一年に一回くらいはあっちの方に行きたいですよねw

昆虫は狙って探すという事がまだ出来ていないので偶然の発見ばかりですが、こういうドッキリする出会いもまたたまらないのです。
そしてこんな格好良いカミキリだと尚更!




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム