2012.05.17     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   渡嘉敷

今回、渡嘉敷については林道から見える沢を歩けば大丈夫的なことを聞いていたのでとりあえず車を走らせることぐるっと一周。
何だか下草ボウボウ、沢は急峻、でかい岩がゴロゴロ、斜面は斜度40度くらい・・・となかなかこれはどうしたものかと思いながら車から場所を選定しておりました。
なんとか3~4か所ほど入りやすくて足場が崩れたりしなさそうなところを見つけました。
それでもやはりちょっと沢を詰めただけですぐ急峻になって二人で入るのは危ないと判断してその手前までで探すことに。
僕らとほぼ同じタイミングで梅雨入りしたため、天気予報が全く当たらずにずっと雨か曇りで気温もあまり上がらず、コンディションはいまいち。
晴天の中で渡嘉敷の海見るの楽しみだったんだけどなぁ。。。

とかなんとか思いながら商店のレジ前で売っている怪しげなチョコレート「bon bon」なるものを購入して夜を待ちます。ちなみにbon bonめっちゃ美味しいので甘党の方は是非。ルマンドをもっとソフトにチョコたっぷりにサックサクにした感じです。こっちでも売ってくれないかなぁ。帰り際に10個くらい買っちゃった。

夕飯にカップラーメンを食べたら早速一つ目の沢へ。


P4295848.jpg
(昼間に撮影したその沢)

倒木やらヒリュウシダやらいろんな植物がわさっ!となっているところから沢へ下ろうとすると枯れた植物の褐色中で何やらやたらと濃い橙色が視界の隅に写りました。

目をそちらへ向けると完全尾のマダラトカゲモドキ!Roccoに「ほら、そこにいたよ~」と何気なく伝えるも心臓がバクバクしています。何を格好付けているのでしょうワタクシは。素直にはしゃげばいいのに。

そんな状態であったので最初のその素晴らしい一匹目はいつの間にやら植物の中へカサカサっと逃げていってしまいました。

でもちょっと歩くとまたマダラトカゲモドキが。今回何カ所か沢を登ってみたところ、案外あちこちで見られることが分かり、夏場には水も枯れたりもしてしまうのでしょうけれど場所によっては水量もそこそこありました。


P4275483_1.jpg



もう少し歩くと今度は亜成体サイズのマダラ。何故かツル植物に乗っている。

P4275560.jpg

P4275565.jpg

眼がまるでルビーのよう。



ちなみにこちら二つ目の沢。

fd.jpg

結局ハブは見つけられず噂の色は堪能できなかったのですが、すっかり渡嘉敷島に魅了されてしまいました。
あれで気温高くて雨もあったらかなり良さそうだなぁ。。

と、また渡嘉敷に行くことを決めた旅なのでした。


P4285790.jpg

Goniurosaurus kuroiwae orientalis

そういえば渡嘉敷ではRoccoがケアシハエトリを3匹見つけてくれたのですが、どの個体もとある状態で見つかりました。あれがもし「そう」であるなら日本産の他のハエトリでは見たことが無いなぁと文献調査中です。
海外産ではあるのかしら。。
その上で今度行った時はまたしっかり観察してみようと思います。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
いいところですね~!
マダラトカゲモドキかわいいなぁ。
色合いが好み過ぎる。

そしてケアシハエトリが気になりますww
マダラトカゲモドキいいなぁ!
僕も見てみたい!

やっぱり南の島って楽しいですよねぇ。
頑張って南の島を舞台にした研究テーマを探さなければ 笑
もぐら様

今度沖縄行くときはまた渡嘉敷に行きたいですね~。でも台湾や北海道、東北九州など行きたいとこだらけでいつになるやら・・・笑

マダラトカゲモドキは発色の良い個体はほんとに綺麗です。

ケアシハエトリはちゃんと分かったうえでブログに書くなり報文にしたいですねぇ。


TOMBO様

僕もみたいっす!笑
でもクメトカゲモドキの幼体も見たいなぁ。。

どうしても南の方の種数や生きものや気候なんかが好きだから北より南に行ってしまうのですよねぇ。
あの密度は反則ですw

僕も頑張ってもっと効率的に仕事終わらせられるようにならねばw
いやー美しいですねマダラトカゲモドキ!
日本にもこんなのがいるのかと言う感じデス(^J^)
動き速いんですか??

そして沢周辺の森の感じも、なんとも魅力的過ぎデスネ!!
クマ G様

ほんとにこんな生き物が日本にいるなんて俄かには信じがたいですよねぇ。大学1年の頃に日本の爬虫類の図鑑開いて初めて知った時の衝撃ったらないですよ笑

動きは結構速いです。シュパパパッと動きます。でもじっと止まってることも多いです。

沢もいい感じでした~。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム