2012.07.07     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   案外山でもよく見かける

P6106723p.jpg

ヒバカリ Amphiesma vibakari vibakari

ヒバカリ、と言えば平地から山際までの里地の周りで気温が十分に上がっていない朝方や日暮れ時、昼間は専ら林内の薄暗く涼しい所にいるところをよく見かけるのだけど、案外山にも登ってみると沢沿いのちょっと湿った道脇なんかでも遭遇することが多い。
こうした所は冬眠明けにはヤマアカガエルの幼生、春過ぎくらいにはその幼体や、梅雨頃になるとタゴの幼生、そして夏から秋にはその幼体やモリアオの幼生・幼体と割と食べるものも豊富で考えてみればそれが普通なのかもしれない。

東京にいた頃は(と言っても今は千葉の東京よりの所にいるからそんな離れてないけど)山らしい山に行ってなかったから気づかなかったことでした。



ってことで山でジムグリに遭いたい!!未だに2回しか会ったことが無い(一度はヘビ嫌いの先輩の車の中で完全にスルーされた)。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
添え状の書き方様

ご来訪&お褒め頂きありがとうございます!
また来て下さいね!
相変わらず空気感ある美しい写真!

今年はなかなかヘビに遭遇出来ずにいマス。
ジムグリ、遭いたいデスね!!
クマG様

ストロボばかり使っていると自然光で全く撮れなくなってしまうのでちょっと練習しております。
いざというとき使えないと・・・
難しいですが林内での自然光撮影は刻々と変わっていくから楽しいですね!

今年はなんだか遭遇率は高いのですが相変わらずジムグリには会えないでいます。遭いたい!




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム