2012.07.12     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   続・ミカンのつぶつぶ

P7087515s.jpg

クダホコリ(未熟個体) Tubifera ferruginosa

前回に引き続きクダホコリです。
今回のは始発に乗っただけあってもっと未熟な個体を見つけられて早速撮り始めたのですが、まだ尖っていない状態でよりミカンっぽい。
もっと未熟な奴を見るためには夜から乗り込むしかないか。。。笑
定点で撮りたいなぁ。粘菌。




久々に音楽でも。夏といったらやっぱりこれ!

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
クダホコリってこんなに瑞々しい姿の時期もあるんですね。変形菌の仲間は可愛い姿が一瞬しか見られないだけに、ベストなタイミングで出会えると嬉しいですよね。
カワイイ(笑)
寿司のネタにも良さそうデスネ。
みずみずしい粘菌はホント、美しい!
Planter様

僕もちょっと乾き気味の段階しか見たことなかったので新鮮でした!
雨降った後とかだと崩れちゃってるのも多いし乾燥しちゃうとあれだしでなかなか難しいですよね。
だからこそおっしゃるようにベストなタイミングが嬉しいわけでもありますね~
クマG様

ほんとぷりっぷりしてますw
テレコン使ってもっと大きく映してみたいっす。
プリプリをもっと・・・




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム